マーケティング・オートメーションを導入する前にやるべき1つのこと

マーケティング・オートメーションを導入する前にやるべき1つのこと

先日、ある大手の出版社の役員の方にお越しいただき、セールステックの展示会を開催するので出展の打診を受けました。

セールステックとは、ITの力で営業の効率をアップさせるサービスの総称で造語ですね。

例えば、昔からある営業管理システム(SFA)だったり、顧客管理システム。

不動産業界では、反響を獲得したお客様に対して、定期的にメールマガジンを送る、なんていうものセールステックの走りといってもいいかもしれません。

 

マーケティング・オートメーションが業界にやってきている

その中に、現在各社が絶賛売り出し中のマーケティング・オートメーションがあります。

ご存知ない方向けに説明すると、こんなことができたりします。

・単純にメルマガを送ってもお客様の反応は低いので、お客様の好みやWEB上の行動から最適なメールを自動的に送ることができる。

・お客様の行動を点数化し、どのお客様が熱いお客様なのかがわかるので、営業をかけるべきお客様がわかる。

・お客様のHP内の行動履歴を把握し、どんなページを閲覧しているのかがわかる。

その他にもいろいろな機能があります。

 

ウィキペディアのURLを掲載しておきます。

マーケティング・オートメーションとは

便利で高性能なシステムなのでマーケティング・オートメーションを導入している会社様も増えてきています。

 

なぜマーケティング・オートメーションで成功している会社が一握りなのか?

導入して成功した、という不動産・住宅会社様はそんなに多くありません。

どちらかというと、導入したけれども高機能すぎて、使いきれずにいるという会社を多く見ています。

私の持論ですが、マーケティング・オートメーションを導入するために、実現したいことを検討するという順序だとうまくいきません。

順序が逆。

実現したいことを検討して、それを実現できるマーケティング・オートメーションを選定し(結構差があります)、導入しないとうまくいきません。

 

マーケティング・オートメーションを成功させるため。まずは力技でやってみる

さらに最近はシステムを使わずに今ある人やシステムでマーケティング・ポートメーションに近いことを力技でやってみる、ということをお勧めしています。

たとえば、まずは手作業でお客様の好みや行動に応じてメールを出し分けて、試行錯誤を繰り返し、成功パターンを見つけ出す。

次に、その成功パターンを自動化できるマーケティング・オートメーションを見つけて、落とし込む、という順序を経たほうが成功できるからです。

まずは成功パターンを見出して、それをシステム化するためにマーケティング・オートメーションを導入する、という順序。

これであれば失敗する理由がないですし、コスト(成功パターンを見つけるまでに発生する費用)は少なくて済みます。

 

弊社のクライアントでも、お客様のグループをいくつかに分けて、手作業でメールを送り、反応のよいパターンを見出したところがあります。

そこで現在は、マーケティング・オートメーションを導入を検討しています。

すでに成功パターンを見つけていますし、メールのコンテンツなども作成済みですので導入はスムーズにいくはずです。

マーケティング・オートメーションを検討中の場合にはご参考になさってみてください。

電話はこちら