コンサルタントを雇う価値 不動産ネット集客の場合で考えた場合

コンサルタントを雇う価値 不動産ネット集客の場合で考えた場合

 

コンサルって金額があってないようなものでしょ?

コンサルティングの妥当な対価っていくら?

そんな事、考えたことありませか?

コンサルティングを検討する時というのは、何かしら解決したい課題がある時です。

その時に解決する方法として、内部で解決するか、外部の力を使って解決するかという選択があります。

 

課題を解決するためには自社で用意するか、外部に頼むか

不動産ネット集客の場合、仮に課題が

「やりたいことはあるのに開発会社、制作会社、広告代理店の間の調整がうまくいかず、困っている」

上記であれば、不動産業のわかるウェブディレクターを雇うか、あるいは外部のコンサルタントを使う、ということになります。

社内でネット集客のディレクターを雇おうとすれば最低でも年収600万円、月収50万を支払う必要があります。

もっというと開発までわかる人だと年収1000万超えもいます。

メリットとしては社内にノウハウを蓄積できる一方、そのディレクターが最新のノウハウを常に把握しておく必要があります。

 

一方コンサルティングの場合は、金額はピンキリですが数万〜数十万のケースが多いです。

メリットとしては社員を雇うよりもコストは低くできますが、デメリットは社内にノウハウがたまらないことです。

そして社員として雇う場合と異なり、ダメならいつでも契約解除できます。

WEB集客コンサルタント

コンサルって必要?

課題解決は「コストvsスピード」

経営ですので、なるべくコストはかけずに事業を運営するべきです。

一方でスピードに対してお金を払う、という選択基準もあります。

自社で内製していくべきか、外部に頼むか。

コンサルティングの妥当な見積もりを考える時には、是非意識していただきたいです。

電話はこちら