メルマガ代行の成功事例 ー返信数0件から2桁まで急増し、契約までつながったケースー

メルマガ代行の成功事例 ー返信数0件から2桁まで急増し、契約までつながったケースー

 

こんにちは。

不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。

 

これまで不動産会社、特に売買流通会社は会員登録をしたエンドユーザーへの定期的なメールの送り方を書いてきました。

(読み返すとかなり偉そうなことを言っていますね苦笑)

意外とネットに落ちていない 不動産会社の集客から来店につなげる追客メール

不動産会社のネット集客から来店につなげる追客メール パターン1

不動産会社のネット集客から来店につなげる追客メール 一番よくあるケース(パターン2)

これが追客メールの理想形 不動産会社の集客から来店につなげる追客メール(パターン3)

営業マンが1本のメール反響をモノにするためには、上司の覚悟が必要です

 

今回、そのメールを実践する機会をいただきました。

つい最近あるお客さんで会員登録したユーザーが来店につながらないという声があったんです。

 

そこでまず、メールの形式をテキストではなく、HTML形式にして、画像を掲載したりや文字の装飾ができるようアドバイス。

それだけで、今までまったく反応がなかったメルマガから反応が出るようになったんです。

よし、このままいけば、いつか契約につながるはずだと期待をしてその後のメルマガを待っていました。

しかし、私の思いとは裏腹にそれから何度送っても全く閑古鳥が鳴くような状態に。

このままだとせっかく導入してもらったHTML形式のメール、活用されずに終わってしまう。

「勧めた手前、申し訳ない、、、」

 

そんな思いを胸に抱き、普段はやらないけれども、今回ばかりはと思い私自身がメール作成の代行を行うことにしました。

物件情報の条件を固め、写真の選定、差出人名からタイトル、メール本文、全て私が作成し、送信する時間帯まで指定。

最後は不動産会社の営業担当の方から送っていただきました。

メールが私にも届いたことを確認し、どんな結果になるかなーと、期待と不安が入り混じりつつ就寝。

すると翌朝、店長から連絡がかかってきたんです。

 

「全然反応出ないよ!」

そんなお叱りの電話だろうかと、思いつつ恐る恐る電話に出たんです。

「何があったんですか?」

すると店長。

「昨日送ったメルマガに2ケタ越えの反応があり、うち1件はもう朝に、物件を内見して週末に契約する運びになりました!」

興奮気味に答えてくれました。

 

これまで偉そうなことを言っていた私。

実際に当事者として関わってうまくいって、本当に胸をなでおろしました。

あー、よかった!

勝手に一人で祝杯を上げました。

 

今回、私が代行したメールは送信後1日で、

◯開封率が今までの1.5倍

◯これまで0だった問い合わせが2桁超え

◯翌朝には来店のアポイントが入り、一週間後に契約予定まで取り付ける

という結果で終わることが出来ました。

 

business handshake over blue background/apreton de manos sobre fondo azul

契約までつながった!

 

そして、早速店長から次の物件情報をいただきました。

どうやらツカエルやつだと認識していただいたみたいです。

ありがたい限りですね。

私が作成代行するのはあと3回。

今回の成功に甘んじること無く、成功要因は使いつつ、改善点は改善してメールを作っていこうと思います。

電話はこちら