SEO会社の見つけ方、選び方

SEO会社の見つけ方、選び方

こんにちわ。

不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。

先日、SEO-HACKというサイトでSEO会社の選び方についての記事を見つけました。

[寄稿] 元インハウスSEO担当者が語る、失敗しないためのSEO会社の選び方、付き合い方

 

SEOを知らない企業担当者がSEO会社をどう選ぶか、という視点で書かれているので難しい話はいっさいなし。

参考のために紹介しつつ、私なりの解説を入れますね。

 

seo

良薬は口に苦し

1. SEOにある程度精通した人から紹介してもらう

これは本当にその通りですね。

SEOのことは全くわからない、けれど、検索上位に上がって行かないといけない、という命題がある場合にはこの方法が一番確率が高いです。

どこにそんな人がいるかパターンをご紹介します。

・業界の同じ職種の会合

あなたがネット担当者であれば、ネット担当が集まる会合、社長であれば、社長が集まる会合に参加する。
同じ悩みを抱える人は多く、すでにそれを解決している人もいるかもしれません。

・SEOの勉強会

勉強するために、ではなく良い人を探すためです。
ただし、初めから紹介してモードで参加すると、カモにされる可能性があるので、その辺は見極めて。

・学生時代の友人に聞く

ちょっとご無沙汰な人だと、紹介責任とかが薄いので、出来れば仲のいい仲間がいいですね。

 

2. キーワードや順位やリンクのことしか話さない会社はNG

確かにその通りだと思います。

事業との関連性がなく、薄いお客さんにサイトを見てもらっても意味は有りません。

でも、コンテンツマーケティングの時代だから、とにかくブログを書けといってくる会社ならOKなのかというと、それも違う。

ターゲットとする人がどんなことを考え、悩み、そして検索してくるか、を想像して、そのキーワードをブログに組み込んで行くことは当然提案してほしい。

さらに言えば、その人がサイトに流入して閲覧したブログの記事が、悩みを解決してくれる内容なのか、という視点が大事ですね。

 

3. 明らかに新人と思える担当者に単独で担当させない

SEOに限らず、経験や知識、ノウハウを提供してもらっている場合は当てはまります。

新人には経験もないし、知識もない。

さらにいえば、社内を動かす政治力もない。

会社の姿勢として問題視せざるを得ません。

現場での教育が一番育つ、という会社は多いですが、あてがわれた会社はたまったもんじゃないです。

 

 

4. 実務担当者がきちんと情報を発信しているか?

発信しないよりも、発信しているほうが、情報をインプットしている姿勢が見られるので、もちろんいいですね。

でもだからと言って、発信しない人は全てダメ、というわけではありません。

情報発信をどのような位置づけで行っているか。

営業のためなのか、純粋な情報発信なのか。

営業目的の情報発信であれば、お付き合いには慎重になったほうがよいかもしれません。

 

 

いかがでしたでしょうか?

つらつらと書きましたが、これらはあくまでSEOのことを知らない事業担当者向けの選び方です。

言ってしまえば、緊急避難的な選び方。

本当にしっかりとした選び方をしたいのであれば、自分でもSEOを学び、経験することでSEOへの造詣を深めることが必要です。

そのためにもまずは、良いSEO会社とお付き合いできることですね。

電話はこちら