不動産

1/5ページ

どうしてあの営業のアポイントはキャンセルになるのか

先日、あるイベントでたまたま不動産会社の営業の方とお話しする機会がありました。 その方のお話を聞くと、お客様とアポイントの予定はいただけるものの、直前になって延期・キャンセルになることがしばしばあるということでした。 どんな営業の方でも同じ経験をしたことがあると思うのですが、伺ってみるとアポイントのうち4割くらいは変更になるということ。 ちょっと異常な数字なので、詳しくアポイント取得までのお話を聞 […]

自動化は万能か?

ある不動産会社の担当者様から主要ポータルサイトの物件情報をすべてクローリングし、反響したお客様の条件に適う新着物件を自動的に送るサービスについて伺いました。 ポータル反響へも自動的に物件情報を送信 売買流通サイトでは会員登録をすると希望条件に適合する物件情報を自動的に送信してくれる機能がありますが、それが会員登録したお客様だけでなく、ポータルサイトの反響や直接来店するお客様にもできるということで、 […]

前代未聞のメールマガジンを作成代行したら

先日、ある不動産会社様のメールマガジンを作成しました。 不動産会社様のメールマガジンというと、一般的には新着物件や値下げ物件をシステムが自動で送ってきます。 頑張っている会社だとキャンペーンの紹介、現地販売会の情報を手動で送っていますね。   前代未聞のメールマガジン依頼 一方、今回依頼いただいた方はとても先進的な方で、メールマガジンの内容を営業の方の自己紹介にしたいということでした。 […]

不動産会社を救う「本気の地域密着」

不動産会社の「地域密着」 不動産会社さんがよく掲げられている標語の一つに「地域密着」があります。 地域に根差して仕事をしていて、地域の情報量ならどこにも負けない!という思いですね。 不動産会社さんが掲げる地域密着は、その地域の不動産の情報についてはどこにも負けません!という意味合いで語られています。 ただ、どの会社も地域密着とうたっているので、私もそうですが、お客様もきっと「どこが本当に地域密着な […]

メールマガジンを送るときに気を付けたい3つのこと

メールマガジンは使い古されたツールと言われていますが、それでもなお多くの会社がメールマガジンを利用しています。 その理由は、効果があり、他によい方法が見つからないから。 LINEやインスタグラムといったSNSが台頭してきていますが、コミュニケーションを取れるお客様は一部に限られます。 反響したお客様すべてに対して情報を提供する方法として、やはりメールマガジンの存在は大きいのです。 ただ、メールマガ […]

リスティング広告運用 運用開始して2ヶ月で・・・

つい最近、一都三県で分譲戸建事業をメインにしている不動産会社様からリスティング広告の運用代行を請け負いました。 他の代理店様に委託されていたのですが、成果やレポート報告が期待していたものと異なっているということで弊社に声がかかりました。 このような場合、過去の運用レポートを拝見し、そこからどこが改善できそうなのか、どれくらい改善できそうなのかご提案をします。   運用開始当初は学習期間で […]

お節介を焼く会社は時代遅れ?

「変更されてからとても使いやすくなってますよ。営業に間違いなくプラスになっています」 弊社が提供するアポジョーズを利用中の営業の方から嬉しい言葉をいただきました。 アポジョーズはお客様がどんな動きを行っているのかわかるサービスで、営業現場の皆様が直接操作できるほど簡単なサービスです。 ですが、ひとつ課題になりがちなのが個人情報の取り扱いです。   少しでも手間があると使わなくなる営業現場 […]

その古反、営業だけに任せていいんですか?

先日、営業メンバーを中心に、この1年でお会いしてきた方々の名刺を総ざらい見返すという時間を持ちました 営業が普段からコミュニケーションをとっている方や、いつか連絡したいと思っているお客様は、スケジュールの中に組み込んで、連絡を取ってもらっています。 今回、総ざらいしたのは、それ以外の方々に意識を向けるために行いました。 たとえば「これはないな」というお客様については、営業が忘れているので、直近がど […]

レポートを見ても、改善点が見つからない!・・・なぜ?

先日、ある不動産会社の役員の方から連絡がありました。 現在、某大手ポータルサイト運営会社にリスティング広告の運用を依頼しているそうなのですが、その運用結果がよくないということでした。 早速うかがい、レポートを拝見させていただきました。 3回くらい見直したのですが、残念ながら私から改善点を提案することができませんでした。 私の能力不足でお恥ずかしいお話です。   レポートに掲載されていたも […]

令和元年、不動産・住宅会社に実施してほしい1つのこと

令和に入り、9日経過して、新元号での初めてのブログです。 ゴールデンウィークの集客、いかがでしたでしょうか? これまでにない連休でしたので、お客様も例年とは違った動きをしていたところもあるかと思います。   令和元年は住宅購入意欲が高まる さっそくですが、令和元年は住宅購入意欲が高くなる年だと思っています。 今年中に住宅を購入すれば、令和の時代と新しい生活とを同時に歩み始めることになりま […]

1 5
電話はこちら