バングラディッシュ 不動産投資

NO IMAGE

バングラディッシュってどこにあるかわかりますか?

インドの右、ミャンマーの左にある国です。

 

本日、バングラディッシュで開発を行っている日本の方とお会いしました。

海外の不動産投資は非常に熱気を帯びており、特に東南アジアはとても注目されているようです。
ASEAN各国が投資対象として注目されていますが、その方曰く、実はバングラディッシュこそ日本人に適した投資国のようです。

理由としては、

1.所有権が存在する

2.法律がコロコロ変わらない

3.親日である

4.実需がある (北海道2個分の大きさの土地に人口1億4000万人)

5.100%外資で会社設立が可能

etc
巷では国と投資物件の紹介と利回り等の紹介をして投資してもらうセミナーとかがはやっていますが、

この方は、必ずバングラディッシュ現地を見てもらって、それで国の活気というか勢いとかを肌で感じてもらって、

そのうえで、投資を進めるようです。

投資家も現地で物件を見て、納得して購入しているからトラブルも少ないとのこと。
もともと内戦が続いていてASEAN加盟国でもないので、見過ごされていた国の気配がありますが、

最近は日本の大企業も参入に動いている気配もあるとか。

 

バングラディッシュ。

注目です。

電話はこちら