そのレポートは鳥の目から虫の目になっていますか?

そのレポートは鳥の目から虫の目になっていますか?

こんにちわ。

追客力のたろうです。

 

このところ、リスティング広告の相談が続きます。

先日の相談は、ある不動産会社のリスティング広告運用でした。

 

「代理店から提案がない。レポートを見ても何をどうしていいのかわからない」ということでした。

早速、チラッとレポートを拝見させていただきました。

 

前回と同様、この代理店のレポートもよくできています。

綺麗に作られていて、検索別、ディスプレイ別、デバイス別、時間帯別、などなど様々切り口で結果を記しています。

そういえば以前拝見したレポートと似ているような気もしますが、自動レポート作成ツールを使っているのかもしれませんね。

 

資料は綺麗に作られており、全部で40ページほどありました。

すごい量です。

ただ、これだけ量があるとどの資料をどこを見ればいいのか、よくわからなくなるだろうな、という予想もつきました。

 

その不動産会社様は、サイト全体での広告と、物件単位での広告の2種類を行っていました。

それぞれお客様のニーズは異なります。

一方でレポート上は合算されたり、あるいは細分化されすぎてよくわからない状況になっていました。

そのため、リスティング広告代理店としても、提案ができなかったのかもしれません。

 

 

リスティング広告のレポートの作り方に限りませんが、報告、レポートの作り方の基本としては、

鳥の目 → 虫の目

の流れでレポートを作っていくことです。

そして、気になるところがあれば、切り口を変えてレポートを適宜作っていく。

課題は常に変わっていくので、同一様式のレポートだけでは課題は抽出されません。

 

r5image01

俯瞰と接眼の繰り返し

 

相談を受けた会社のレポートを3ヶ月分拝見したのですが、鳥の目→虫の目の形でレポートが整理されておらず、かつ3ヶ月間、同じ形のレポートだけでした。

具体的な提案はここでは割愛するとして、すくなくとも3ヶ月あるいは6ヶ月ごとに、総点検として今出稿している広告文、キーワードの成績をチェックはしてほしいですね。

 

そんなわけで、この会社様にはまずは課題が見えやすいレポートを作ってもらうところから提案を致しました。

自動レポート作成ツールであってもカスタマイズできることを祈りつつ・・・。

電話はこちら