開発会社の違い

NO IMAGE

ホームページで集客するためには、なによりも開発会社を選ぶことが大切です。

広告やデザインなどは付き合う会社をサクッと変更しても大した影響はありませんが、開発会社を変更するのは一大事だからです。

 

仕事柄、いろんな会社のホームページの改善に携わっています。

最近では素晴らしい開発会社とお付き合いしている不動産会社がいらっしゃいました。

何が素晴らしいかというと、

1.対応がスピーディー

2.良心的な見積もり。時には無料でページを作ってくれたりする。

 

一方で、開発会社がよろしくない、という不動産会社のお話も伺いました。

何がよろしくないかというと

1.依頼をしても反応がない

2.仕事が遅い

3.アウトプットが稚拙

 

それなら早く開発会社を変えればいいじゃないか、という声が聞こえてきそうですが、そう簡単に変えられないのが開発会社なんです。

理由は、不動産会社には多いのですが、ASPサービス(簡単に言うと開発会社のシステムを借りてホームページを作るサービス)を利用していると、コンテンツ(写真、テキスト等のデータ)は不動産会社のものですが、サイト自体は開発会社のものなので、開発会社を変えるときには新しくホームページを作らなければいけないからです。

そうすると時間も費用も大きくかかり、一大事だ!となります。

だから、開発会社選びが大切なわけです。

ただ、なかなかよい開発会社を選ぶのは大変です。

専門性が高いうえに、使う言語が違うので意思疎通そのものが難しい。

 

そこで勝手ながらよい開発会社を選ぶ方法を考えてみました。

 

1.人づてによい開発会社と担当者名を聞く(担当者が重要です)

やっぱり人脈がある場合はこれが一番。実績があるので間違いないです。

2.開発のことがわかる第三者に選定を頼む

これは周りに詳しい人がいない場合ですね。第三者の独立性とその後の関与が大事だったりします。

3.有名な開発会社数社から話を聞いて、波長が合いそうなところを選ぶ

王道ですね。でもプレゼンの時と実際の運用の時とで態度が違う場合もありますからご注意を。

4.(番外編)社内に開発部署を作る

お金があれば社内に作ってしまうのもありですね。

 

開発会社を選ぶとき、金額だけで選ぶと結局ホームページで集客できず元の木阿弥になる可能性が大きいです。

ホームページは作っただけでは集客できません。その後の運用が大事です。

 

運用のことも考えて、くれぐれも慎重に吟味したいですね。

 

 

電話はこちら