ディスプレイネットワーク広告のセミナーに参加して気づいた1つのこと

ディスプレイネットワーク広告のセミナーに参加して気づいた1つのこと

 

こんにちわ。

不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。

 

先日、リスティングプラス主催のディスプレイネットワーク&売れるランディングページ攻略セミナーに参加をしてきました。

リスティングプラスの詳細はこちら

 

リスティング広告でもディスプレイネットワークについてのセミナーはあまり見かけないので、非常に珍しいセミナー。

なかなか無い機会なので参加してみたところ、非常に具体的なセミナーで有用なセミナーでした。

 

一般的にリスティング広告のセミナーは、戦略や発想方法にフォーカスしたものが多い。

キーワード発送法、広告文の作り方等など。

リスティング広告の結果を左右する根本の話ですので、もちろん大事な話です。

ただ一方で、リスティング広告というのは管理ページが存在し、その運用がかなり大変だったりします。

なので、セミナーで戦略論的な話を聞いても、じゃあ具体的に運用レベルではどうすればいいの?となり、管理ページの壁に阻まれることがよくあります。

 

ですが、今回のセミナーについては、実際にリスティング広告の管理ページの画面の写真を掲載しながら、操作方法まで教えてくれる。

マニアックかもしれませんが、リマーケティング広告の訪問経過日数ごとのリストの作り方を管理ページの画像を出して説明するほどの具体的さ。

あまりに実務者向けだったために、リスティング広告の管理ページを触ったことがない人にとっては非常につらい内容だったんではないでしょうか。

ですが、日々管理画面を触っている私にとっては、セミナー終了後、すぐにあれをこう操作しようというレベルまでイメージできる内容。

マニアックであればあるほど、特定の人の満足度は高くなるということを学びました。

 

準備

ボウズでは帰りたくない!

 

リスティング広告の勉強にももちろんなったのですが、セミナーの運営としても勉強になりました。

セミナーで話す内容というのは得てして抽象論になりがちです。

「それはそうだよ」と思うものの「けど具体的にどうすればいいのかわからない」という方が多い。

せっかく時間を割いてセミナーを聞きに来てくれる人たちですので、ちゃんと持ち帰るものがあるよう具体的に話をしようと改めて感じた次第です。

 

 

ちなみに、ランディングページの話も聞けて勉強になったのですが、なかなか不動産業界では、、、

会社訴求や、セミナー訴求や、そういった物件以外でコンテンツが変わらない形でなら可能性があるのかもしれません。

電話はこちら