営業はアートか?科学か?

営業はアートか?科学か?

こんにちわ。

追客力のたろうです。

 

最近、いろんなSFAのシステムを調べています。

SFAというのはSales Force Automationの略で営業支援システムのことです。

大きな会社のサービスでいうと、アメリカのセールスフォースという会社があります。

営業の方の活動履歴を蓄積し、それをもとに営業を科学して成果を最大化するための仕組みです。

大会社では特に利用されていて、成果が上がっているようです。

 

一方で調べていくうちに、分かったこともあります。

SFAは営業マンにとっては負担が非常に大きいということです。

それともいうのも営業活動を逐一記録することで初めて活用できるのがSFAです。

つまり、営業マンは、逐一、営業活動の履歴を入力していかなければいけません。

営業の方にとっても、入力すれば、自分の営業活動が見える化され、自分の得意なパターンとかがわかるので有用です。

でも入力する負担はやっぱり大きい。

 

businessman_pc

面倒だな・・・

 

営業の中にもいろんな特徴を持った方がいらっしゃいます。

数字が好きな人。

しゃべりが好きな人。

ノリだけで仕事を取ってきてしまう人。

人間関係づくりが得意な人。

様々います。

SFAを使えば、結果の出る営業マンもいると思いますが、逆に結果が出なくなってしまう営業マンもいるはずです。

ノリだけで仕事を取ってきてしまう人などはその典型で、ほとんどの場合、入力するような事務仕事が得意じゃないです。

そういう人にも入力を強いてしまうと、どうなるか。

きっと転職してしまうのではないでしょうか・・・。

 

SFAは営業力の底上げという観点からはとても便利なシステムだと思います。

しかし、突出した営業マンにとっては重しになってしまう可能性がありますね。

弊社の提供する商談数UPメール「SUM」は追客のためのシステムです。

現時点では営業マンの方に入力を強いるようなシステムになっていません。

が、今後の追加機能、リニューアルでも営業の方になるべく負担の少なく、使いやすい仕様というものを常に意識していきたいと思います。

 

電話はこちら