グイグイ引き込む文章の書き方1 一文一義で書く

グイグイ引き込む文章の書き方1 一文一義で書く

 

最近、WEB業界ではコンテンツがとても注目されています。

SEOもホームページのコンテンツが重要。

メルマガも依然として売上に直結する重要施策。

そのライティングで売上が大きく作用されます。

 

そんな背景もあり、WEBライティング講座を受講しています。

そこで学んだことをシリーズで記事にしていこうと思います。

今回は「一文一義で書く」です。

 

「なんでメール送ったのに読んでくれないんだよ!?」

せっかくメールを送ったのに・・・

あなたも、そんな風に思ったことが1度はあるはず。

でもちょっと立ち止まって考えてみませんか?

文章を読むって、相当な努力が必要です。

新聞読み初めの頃、すごい努力が必要でしたよね?

そう考えると、ちゃんと読んでもらう書き方をしていたんでしょうか?

 

05_Twitzer_Firefox_Add-ons

こんなTwitterが流れてきたら、まず読まない・・・

 長い文章を書いてしまう癖

読みにくい文章にはいろいろと理由があります。

私がよくやってしまうのは、一文を長く書いてしまうことです。

例えば、過去のブログでこんな文を書いています。

 

「つい、システムのメール送信機能が便利だと頼りたくなりますが、大事なのはエンドユーザーが受け取ってどうか、という視点です。」

 

今でも平気で書く文章ですが、、、

自分でも何を言っているかよくわかりません。。。

読み返すと本当に恥ずかしい。

1.誰が頼りたくなるのか?

2.誰or何にとって大事なのか?

3.視点の主語はなにか?

あまりにふわふわした文です・・・。

 

今なら一文一義でこう書き直す

多少なりともWEBライティングをかじっている、今の私は、過去の自分にこういいます。

 

・「一文一義」で書きなさい!

・主語と述語は近くに置きなさい!

 

そしてこう直します。

「システムのメール送信機能は便利。

だから私たちは、ついついシステムに頼ってしまいます。

でも、メールを送る目的は商売につなげること。

そのために必要な視点がありますよね?

それはエンドユーザーがそのメール受け取ってどう感じるか、です。」

 

こちらのほうが読みやすく、わかりやすいです。

テンポも良い感じがします。

今まで誰も教えてくれなかったこと、学びました。

 

今習ってよかった。

過去振り返ると、文章について学ぶ機会は学生時代しかありませんでした。

しかも書くためではなく、どちらかといえば読むための教え。

大人になって改めて学ぶなんてどうかな。

そう思っていましたが、学ばない方が怖かったと今は思います。

 

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。

 

これからもどんどん聞いていこうと思います。

電話はこちら