検索のボリュームをもっと増やしたい!と思った時にできる3つのこと

検索のボリュームをもっと増やしたい!と思った時にできる3つのこと

こんにちわ。

追客力のたろうです。

 

繁忙期に突入し、忙しい方も多いかと思います。

需要が高まる時期。

ここで一気に反響を増やしたい!と思うのはどなたも同じかと思います。

 

今回は、熱いお客様を集める検索連動型広告で、どうやって網を広げていくか、つまりキーワードを増やしていくかについて3つ代表的な方法をご案内します。

今すぐできる方法ばかりなので、ご覧になってみてください。

 

キーワードを探すのは宝を探すのと同じ感覚・・・

 

1.キーワードアドバイスツール

購入したいキーワードを設定すると、それに近いキーワードとしてどんなものがあるのか、教えてくれる機能です。

Googleアドワーズ、Yahoo!スポンサーチともに、備わっています。

ほとんどの場合、リスティング広告を開始するタイミングで、代理店がこれを使ってキーワードを探していると思います。

ですが中には、過去に運用した同業種の会社のリスティング広告をもとにしてキーワードを設定している業者もいます。

その場合には、こういったキーワードアドバイスツールで他に候補のキーワードがないか調べてみると、意外なものが出てきたります。

大した労力もかからないので、一度代理店に出してもらうことをオススメします。

 

2.Googleアドワーズ、Yahoo!スポンサードサーチで検索語句、検索クエリのレポートを見る

検索広告でキーワードを設定した時、部分一致という方法で購入することが多いです。

部分一致とは、設定したキーワードに近いキーワードもターゲットとして広告を配信できる方法です。

たとえば、「土地」とキーワードを設定し、部分一致で入札をかければ、「不動産」と検索した人にも広告を出します。

で、実際にどんあキーワードで検索したか、気になりますよね?

それを教えてくれるのが、検索語句、検索クエリのレポートです。

間違っていただきたくないのは、キーワードレポートです。

キーワードレポートはあくまで、こちらで設定したキーワードの結果です。

それではなく、見ていただきたいのは実際にお客様が検索した語句のレポートの結果です。

これを見ると、意外なキーワードで検索されていることを発見できると思います。

その意外なキーワードが検索広告を増やすヒントになります。

例えば、「千葉 工務店」とキーワードを購入し、検索語句レポートを見ると「千葉 平屋」「船橋 間取り」といったものが出てきます。

「平屋」「間取り」といったキーワードを追加し、さらに部分一致で購入すれば、広告が表示されるチャンスが増えていくわけです。

 

3.Google サーチコンソールで自然検索で流入したキーワードの一覧を見る

HPは制作しただけではGoogleで検索しても出てきません。

Googleに探し出してもらい、Googleが認識する(インデックスする)と初めて検索結果に表示されます。

Googleサーチコンソールとは、Googleに自社サイトがどのように認識されているのか、確認できるツールです。

いわゆるSEO対策をするときにも必要になってくるツールです。

開発者向けなので、用語が難解で難しいところはありますが、その中に「検索アナリティクス」というものがあります。(2017年1月18時点)

これを見ると、お客様がどのようなキーワードで検索して、自社のHPを訪れているのか(自然検索)一覧で出てきます。

ここは意外と宝の山だったりします。

特に、順位は高くないのにクリック数が多いものが狙い目です。

こういったキーワードはリスティング広告で1ページ目に表示しておくと、クリック数を稼いでくれます。

 

 

 

さて、他にもサジェストツールなど様々な方法がありますが、マニアックなので割愛いたします。

大事なのは、お客様がどんなキーワードで検索するのか、常にアンテナを張っておくことです。

営業マンのトークの中にも大きなヒントがあるかもしれません。

ユーザーがよく見る雑誌にヒントがあるかもしれません。

 

面倒くさらず、こつこつとキーワードを探していくと、競合が買っていないキーワードで購入できるチャンスに巡り合えます。

電話はこちら