*

Facebookページ 不動産会社成功事例 秋葉原UDX駐車場

公開日: : 最終更新日:2013/08/24 Facebook, WEBマーケティング

ここ数日、Facebookの能書きばかり書いていました。

が、百聞は一見に如かず。

実際に不動産会社で成功しているFacebookを見てみたいと思います。

Facebookナビで「東京 不動産」と検索すると、ダントツ1位で出てくるのが、「いいね!」を89,000獲得している秋葉原UDX駐車場さんのページです。

 

秋葉原UDX駐車場

https://www.facebook.com/AkihabaraUDXParking

 

無題

見ていただけるとわかるのですが、すごいの一言。

常人では理解できないくらい尖っています。

整理するのもおこがましい気持ちですが、私なりに整理すると下記の通りです。

 

コンセプト:痛車を愛する人たちのページ

ターゲット:関東近郊の痛車ドライバー

コンテンツ:秋葉原UDX駐車場に集う痛車の紹介

 

このコンテンツ、どちらかというと「気持ち悪い」という人のほうが多いんじゃないでしょうか。いや、日本全体で90%以上は嫌いと言うと思います。

それでも、「いいね!」を89,000獲得できているのは、大きな力だと思います。もちろん、全員が痛車ドライバーではなく、単純に面白いから、という人もいるとは思いますが。あとは海外の日本のアニメ文化が好きな方もいるでしょうね。

 

秋葉原UDX駐車場はかなり極端な例ですが、コンセプトを尖らせたほうが、コアなファンが集まるのは確かだと思います。

ただ、尖らせると、逆に近寄ってこない人が多数出てきます。

この駐車場のページの場合、収容台数800台なので、全国の痛車ドライバーの数からそのうち関東近郊に住んでいる方の数等、いろんな計算をして熟考した結果、尖ったコンセプトを出しているんではないでしょうか。

Facebookページを運営するのも企業活動の一環なので、尖ったコンセプトを出しつつも、様々なシミュレーションをしながら、つまり右脳と左脳を使いながらコンセプトからコンテンツまでを決めることが大切だと思います。

 

関連記事

no image

LINE@ビジネスセミナーに参加してわかったこと

  これからLINEを利用したビジネスが本格化すると思い、LINE@ビジネスセミナー

記事を読む

リスティング広告は内製化するべきか?

リスティング広告を代理店に任せている会社も多くいると思いますが、内製化を検討したことはないでしょうか

記事を読む

え、休眠リストからそんなに反響が? ユーザーを熱くするメールの書き方3 タイトル

こんにちは。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。 連載中の休眠リストを熱くさせ

記事を読む

現状打破には新しい風を入れるが吉

  会社で働いていたり、組織で活動しているときに、新しい人が入ってくると何かちょっと

記事を読む

PC前で悩んでるビジネスマン

本業に専念できていますか? ネット集客で悩まないためにできること

こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。   先日、あ

記事を読む

アポ率、来店率を3割アップさせる商談数UPメール「SUM」

こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。   このとこ

記事を読む

土地なし客の問い合わせ。でも実際には・・・?商談数UPメール「SUM」でわかること

こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。   問合せし

記事を読む

iMovie

420円で動画が作れる!? 不動産ネット集客の切り札は動画だ!

  動画は制作、費用、時間がかかるわりに、結果が出ない。 そんな理由で不動産の

記事を読む

HPの集客・問い合わせを増やすアクセス解析  2.流入分析

  前回は、 HPの集客・問い合わせを増やすアクセス解析  1.ユーザー分析について

記事を読む

WEB集客コンサルタント

WEB不動産集客をコンサル任せにするのは危険です -ある不動産会社のケース

  半年前、とある不動産会社様に伺いました。 不動産売買仲介業がメインで、とあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初の展示会に出展して気づいたこと

こんにちわ。 追客力のたろうです。 先週、産業交流展201

自転車通勤を始めました

こんにちわ。 追客力のたろうです。   お

ユーザーの経験・習慣から情報を設計する

こんにちわ。 追客力のたろうです。   先

人生の3大支出、不動産、車、保険にまつわる営業は、、、

こんにちわ。 追客力のたろうです。   先

地元のお祭りで感じた、見せ方の大切さ

こんにちわ。 追客力のたろうです。   3

→もっと見る

PAGE TOP ↑