*

Facebookページ 不動産会社成功事例 秋葉原UDX駐車場

公開日: : 最終更新日:2013/08/24 Facebook, WEBマーケティング

ここ数日、Facebookの能書きばかり書いていました。

が、百聞は一見に如かず。

実際に不動産会社で成功しているFacebookを見てみたいと思います。

Facebookナビで「東京 不動産」と検索すると、ダントツ1位で出てくるのが、「いいね!」を89,000獲得している秋葉原UDX駐車場さんのページです。

 

秋葉原UDX駐車場

https://www.facebook.com/AkihabaraUDXParking

 

無題

見ていただけるとわかるのですが、すごいの一言。

常人では理解できないくらい尖っています。

整理するのもおこがましい気持ちですが、私なりに整理すると下記の通りです。

 

コンセプト:痛車を愛する人たちのページ

ターゲット:関東近郊の痛車ドライバー

コンテンツ:秋葉原UDX駐車場に集う痛車の紹介

 

このコンテンツ、どちらかというと「気持ち悪い」という人のほうが多いんじゃないでしょうか。いや、日本全体で90%以上は嫌いと言うと思います。

それでも、「いいね!」を89,000獲得できているのは、大きな力だと思います。もちろん、全員が痛車ドライバーではなく、単純に面白いから、という人もいるとは思いますが。あとは海外の日本のアニメ文化が好きな方もいるでしょうね。

 

秋葉原UDX駐車場はかなり極端な例ですが、コンセプトを尖らせたほうが、コアなファンが集まるのは確かだと思います。

ただ、尖らせると、逆に近寄ってこない人が多数出てきます。

この駐車場のページの場合、収容台数800台なので、全国の痛車ドライバーの数からそのうち関東近郊に住んでいる方の数等、いろんな計算をして熟考した結果、尖ったコンセプトを出しているんではないでしょうか。

Facebookページを運営するのも企業活動の一環なので、尖ったコンセプトを出しつつも、様々なシミュレーションをしながら、つまり右脳と左脳を使いながらコンセプトからコンテンツまでを決めることが大切だと思います。

 

関連記事

komattazyosei

リスティング広告が表示されない!? と焦る前に確認するべき7つのこと

  リスティング広告でキーワードを設定したのに、検索しても広告が表示されない!

記事を読む

不動産会社の集客方法からわかること そこから一歩抜き出るためには

前々回のブログで不動産会社の集客方法を列挙しました。 が、我ながらだから何?という感じだったの

記事を読む

no image

「カットダウン運用術」セミナーを開催しました

こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。   弊社では

記事を読む

不動産ネット集客で成功するカギは「計数管理」

  不動産ネット集客のフロー 不動産ネット集客では計数管理がカギになります。

記事を読む

no image

不動産検索もスマホ重視の時代が到来!? -30代、40代のスマホ利用割合が増加(ニールセン調査)

昨日、下記の記事が発表されました。 2012年、スマホからのインターネット利用率倍増~30・4

記事を読む

ガラガラ

優秀な営業マンを見極める6つのチェックリスト+α

  こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。 今日は、

記事を読む

反響数を増やさずに、アポ率、成約数を2倍にする方法

こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。   先日、あ

記事を読む

komattazyosei

行き詰まった・・・どうする?

行き詰まってしまった・・・ すごく手間のかかるサービスがありました。 毎週、人力で更新しない

記事を読む

no image

WEBマーケティングのリスク -メディアリスク-

逆SEO対策。 聞いたことがありますか? これはいわれのない誹謗中傷がWEBに掲載される

記事を読む

ネット反響したお客様にアプローチするタイミングは?

こんにちわ。 追客力のたろうです。   先日、弊社のアポジョーズをご利用

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自転車通勤を始めました

こんにちわ。 追客力のたろうです。   お

ユーザーの経験・習慣から情報を設計する

こんにちわ。 追客力のたろうです。   先

人生の3大支出、不動産、車、保険にまつわる営業は、、、

こんにちわ。 追客力のたろうです。   先

地元のお祭りで感じた、見せ方の大切さ

こんにちわ。 追客力のたろうです。   3

利用者アンケートをいただき感謝

こんにちわ 追客力のたろうです。   先日

→もっと見る

PAGE TOP ↑