営業でギネス登録された方の書籍を読みました

「営業の神様」という本を知り合いにすすめられて読了しました。 著者はジョー・ジラードという方で車のセールス記録で12年連続世界No.1、ギネスにも登録されている方です。 ギネスにも登録されているくらいですから、すごい営業方法が書いてあるのだろうと期待して読んだのですが、そんなことは全く書いていない。 裏切られました。   本の表紙に書いてる通り、奇策は全くありません。 例えば、 ・時間を […]

どうしてあの営業のアポイントはキャンセルになるのか

先日、あるイベントでたまたま不動産会社の営業の方とお話しする機会がありました。 その方のお話を聞くと、お客様とアポイントの予定はいただけるものの、直前になって延期・キャンセルになることがしばしばあるということでした。 どんな営業の方でも同じ経験をしたことがあると思うのですが、伺ってみるとアポイントのうち4割くらいは変更になるということ。 ちょっと異常な数字なので、詳しくアポイント取得までのお話を聞 […]

自動化は万能か?

ある不動産会社の担当者様から主要ポータルサイトの物件情報をすべてクローリングし、反響したお客様の条件に適う新着物件を自動的に送るサービスについて伺いました。 ポータル反響へも自動的に物件情報を送信 売買流通サイトでは会員登録をすると希望条件に適合する物件情報を自動的に送信してくれる機能がありますが、それが会員登録したお客様だけでなく、ポータルサイトの反響や直接来店するお客様にもできるということで、 […]

前代未聞のメールマガジンを作成代行したら

先日、ある不動産会社様のメールマガジンを作成しました。 不動産会社様のメールマガジンというと、一般的には新着物件や値下げ物件をシステムが自動で送ってきます。 頑張っている会社だとキャンペーンの紹介、現地販売会の情報を手動で送っていますね。   前代未聞のメールマガジン依頼 一方、今回依頼いただいた方はとても先進的な方で、メールマガジンの内容を営業の方の自己紹介にしたいということでした。 […]

恐竜博で気づいた、人を駆り立てるモノ

連休を利用して息子と東京上野の国立科学博物館で開催されている恐竜博に行ってきました。 9月の三連休の最終日でしたが、ものすごい行列。 10:30に到着しましたが、実際に見れたのは12:15からとディズニーランドに劣らぬ人気ぶりでした。 親子連れはもちろん、大人の男性一人や男女ペアといった様々な方が並んでいました。 夏休み前からやっているのに、ものすごいですね。   何が人を駆り立てるのか […]

不動産会社を救う「本気の地域密着」

不動産会社の「地域密着」 不動産会社さんがよく掲げられている標語の一つに「地域密着」があります。 地域に根差して仕事をしていて、地域の情報量ならどこにも負けない!という思いですね。 不動産会社さんが掲げる地域密着は、その地域の不動産の情報についてはどこにも負けません!という意味合いで語られています。 ただ、どの会社も地域密着とうたっているので、私もそうですが、お客様もきっと「どこが本当に地域密着な […]

商品で選ばれる会社?それとも・・・

先日、弊社の営業がまだ取引のない会社の担当の方とお会いしたときのこと。 その打ち合わせで、 「すでにそうなっているけれど、今後さらにモノとかサービスとかは溢れていって、モノやサービスでは差別化するのが難しくなってくると思っています。 そんな中で何が大切になってくるかというと人だと思っています。 そういう点で追客力さんは人を大事にしているから好きですねー。」 と言われたそうです。   私が […]

最大級の台風を迎えて気づいた仕事と人生のこと

  • 2019.09.09

昨晩から今朝にかけて最大級の台風が関東に上陸しましたね。 千葉を中心に多くの世帯で停電したり、避難勧告が出ていましたので、皆様のご無事をお祈りします。   さて、この記事を書いている現在もYahoo!ニュースのトップニュースになっていますが、鉄道各社、特にJRは早めに始発からの運転を見合わせる発表をしました。 ただ、予定の8時を過ぎても運転再開ができず、駅には人がごった返したようです。 […]

治に居て乱を忘れず

「治に居て乱を忘れず」 易経という中国古典の言葉で、平和な世にいても、万一のときに備えることを怠らないという意味です。   先週の土曜日に息子と一緒に小学校で開催された防災訓練に参加をしてきました。 私の時代には防災訓練というと、授業中、突然、警報が鳴って、防災頭巾をかぶって校庭に出て班ごとに帰宅する、というものでした。 先日の防災訓練では、消火器を使った消火活動、煙の中の迷路探索、地震 […]

仕事の「やり方」と「あり方」

  • 2019.08.30

私が初めての営業の仕事をはじめたとき。 頭の中ではできているはずのことが、全然うまくいかず、悔しい思いを何度もしました。 そしてそのたびに、もっといい営業のやり方があるはずだと本やネットを検索して情報収集し、試してみるのですがなかなか結果が出ない。 どうしていいのかわからなくなってしまった。 そんなときに、上司に言われたのがやり方とあり方の話。   「やり方は凄く研究していて、それは素晴 […]

1 52
電話はこちら