防災訓練

治に居て乱を忘れず

「治に居て乱を忘れず」 易経という中国古典の言葉で、平和な世にいても、万一のときに備えることを怠らないという意味です。   先週の土曜日に息子と一緒に小学校で開催された防災訓練に参加をしてきました。 私の時代には防災訓練というと、授業中、突然、警報が鳴って、防災頭巾をかぶって校庭に出て班ごとに帰宅する、というものでした。 先日の防災訓練では、消火器を使った消火活動、煙の中の迷路探索、地震 […]

電話はこちら