交通公園で息子が友達に出会って気づいたこと

交通公園で息子が友達に出会って気づいたこと

こんにちわ。

追客力のたろうです。

 

週末、息子を公園に連れて行きました。

今、息子がお気に入りの公園があります。

それは「交通公園」。

三輪車や、自転車、ゴーカートを貸し出していて、公園専用道路で運転できる公園です。

 

kitashikahama-01

 

車好きなのでゴーカートも乗りますが、息子は3歳なのでペダルまで足が届かずうまく走らせることができません。

今は補助輪付きの青い自転車が大のお気に入りです。

 

運転をしていると、周りが気になって色々と見回すのですが、その度に「ちゃんと前を見て!」と指摘します。

スピードもゆっくりで、とてもまだまだ外で走れるような状態ではありませんでした。

いつになったら、補助輪が取れるかな〜、まだまだだろうと思っていました。

 

しかし、その状況が一変しました。

自転車を走っていると、抜き去った女の子が息子の声を大きな声で叫んだのです。

その公園は家から徒歩20分くらいの場所にある公園なので、友達はいないはず。

そう思っていたのですが、息子もその女の子を見て、名前を呼んだのです。

なんとその女の子は保育園の同じクラスの女の子で、とても仲良くしていた子。

その女の子は私の息子と結婚する!と言ってくれるくらい仲が良いそうです。(女の子のお母さんから聞きました)

 

とても仲が良い二人が揃うことにより状況は一変。

注意散漫でノロノロ運転だった息子は、女の子と一緒に走ると3倍くらいのスピードで一心不乱に走ります。

またその女の子も、それまでにないスピードで爆走。(お母さん談)

おかげで女の子のお母さんも私もヘトヘトになりながら、子どもの楽しそうな笑顔を追いかけました。

帰る頃には息子はとても寂しそうな表情で、ほんとうに仲がいいんだ、と改めて感じました。

 

 

思わぬ出会いで人のテンションは一変しますね。

いつもと違う場所で会うことが、仲間意識みたいなものを強めるのかもしれません。

息子の変化を目の当たりして、実感しました。

私もいつもお付き合いする人ばかりではなく、いろいろな方と縁を得る動きをしているつもりです。

ですが、最近開発案件やネーミングの変更で忙しく、社内での仕事が多くなっていました。

もうすぐ3月も終わりますので、ネーミングを変更後に、これをもって様々な方と改めて会うようにしていこうと思います。

そして、いろいろな場所で出会えるよう、場を作っていきたいと思いました。

電話はこちら