縁を作るためには、日々、真剣勝負であること

縁を作るためには、日々、真剣勝負であること

人との縁。

特に仕事の縁を求め、たくさんの方が異業種交流会に参加します。

でも、人の縁はどこでつながるのか、本当にわかりませんよね。

最近、思いがけない縁から仕事をいただく機会がありました。

 

goen
以前もご紹介しましたが、トーストマスターズというスピーチのクラブに参加をしています。

ここには先生がいません。

全員が先生であり、生徒であり、ボランティアで役割をつとめます。

つまり相互にスピーチを行い、批評しあい、お互いのスピーチ力を高めます。

当然、お客様気分では参加できず、運営に携わる気持ちが必要です。

まだ1年も経たない私ですが、いくつか役割をつとめてきました。

そんなある日、クラブのあるメンバーから個人にメールが送られてきたんです。

「友人が経営している会社の件で相談したい。」

なんの話かな?と思っていたら、不動産のポータルサイトを運営している会社で、このサイトをなんとかできないか、という相談でした。

 

私なりにアドバイスしたところ、提案できるのであれば社長に引き合わせてもらえるということ。

せっかくの機会なので提案するチャンスをいただきました。

そうしたところ、なんと、正式にお手伝いするおとになったんです。

全く予想だにしなかったので本当に驚きました。

後日、そのクラブのメンバーの方に言われたことがあります。

「そねださんのクラブでの言動を見て、相談してみようと思った」

それを聞いてありがたいと感じるとともに、怖いことだと思いました。

どこでどんなつながりを持てるようになるかわかりません。

どんな時でも慢心したり、油断せずに、真剣勝負で取り組むことが、素晴らしい縁に巡り会える鍵なんだと実感した次第です。

 

ちなみに真剣勝負についての記事も書いていますので、こちらもどうぞ。

『真剣勝負』が意味するところ

電話はこちら