420円で動画が作れる!? 不動産ネット集客の切り札は動画だ!

420円で動画が作れる!? 不動産ネット集客の切り札は動画だ!

 

動画は制作、費用、時間がかかるわりに、結果が出ない。

そんな理由で不動産の世界では大規模現場、大型マンションでしか利用されてきませんでした。

ところが、モバイルデバイスの急速な発達により、動画が、すぐにその場で作れるようになっています。

他社が利用できていない今こそ、動画を使った物件のアピールが差別化要因になり得ます。

 

動画は費用対効果が悪い?

動画を作って集客する。

どんな印象をお持ちですか?

-手間の割に集客につながらないんだよねー。あれ作るの大変なんだ。

-作るの面倒だから外注しようとすると、費用がかかってしょうがいない。

そんな印象を持っている方は非常に多くいます。

実際動画を外注して作ってもらおうとすると、数十万規模でかかることも少なくありませんでした。

 

iPhoneで動画を制作・編集できる時代に

しかし、そんな金額を投下して動画を制作するのはもう過去のものになるかもしれません。

昨日、ある勉強会に参加したところ、アプリを使えば、撮影した写真で簡単に動画を制作、編集できることを知りました。

そのアプリがこちらです。

 

iMovie

iMovie(420円)

アップルの純正アプリでiPhone、iPadで利用できるアプリです。

撮影した画像をドラッグ&ドロップ、そしてテキスト入力するだけで、動画が作れてしいまいます。

しかもサクサク動くので、PCの専用ソフトで作るような、アップロード待ち時間もほとんどなし。

慣れてしまえば、20分くらいで動画を作成可能です。

そしてYouTubeに動画を送信できるので、すぐにネット上にアップすることができます。

 

動画を不動産のネット集客で活用する方法

不動産のネット集客において、動画を使って集客に成功している会社はありません。

動画を作っているのも大規模な開発現場と、新築マンションくらい。

手間とコストがかかるわりに、なかなか結果に結びつかないからです。

 

ただこのアプリを使えば、すぐに動画を作成・編集することができます。

つまり、手間とコストが大幅に圧縮されます。

かかるコストは420円と爆安。

そうなると、大きな予算のときだけでなくとも、気軽に作れるようになります。

不動産業界でも、分譲、注文住宅会社であれば利用を検討できるのではないでしょうか。

地鎮祭、基礎工事から完成までを写真で撮影し、一つのストーリーとして物件詳細or建築例に掲載する。

動画がサイト全体にちりばめられた状態を作る。

お客様から、「動画が多いホームページだな」と覚えてもらうことができます。

また、YouTubeにアップすればSEOの効果も見込めます。

 

数ある不動産会社のホームページの中から、違いをどう出すか。

他社が積極的に取り組んでいないからこそ、動画はその一つの有効な手立てです。

電話はこちら