意外とネットに落ちていない 不動産会社の集客から来店につなげる追客メール

意外とネットに落ちていない 不動産会社の集客から来店につなげる追客メール

 

ネット集客を頑張って反響が増えた!

と喜んでいたのも束の間、売上につながらない…

 

実は不動産ネット集客のコンサルをしている私も含め、ウェブ関係者がよく忘れてしまう大切なことがあります。

それは、いくら反響を増やしても仕方ないということです。

では何が大切なのか?

それは契約数を増やすこと。

反響数にはコミットするけど、成約は営業マンのスキル、レベルもあるから、そこまでコミットできない…

ウェブ関係者はそう言うかもしれません。

確かにそれも一理あります。

とはいえ、少なくとも来店、来場までは責任を持つ

そんな心構えが必要だと思っています。

 

反響数と来店(来場)数が比例して伸びているなら、反響を増やすことに注力することがそのまま来店(来場)につながります。

 

一方で冒頭のように、反響数を増やしても来店(来場)数が増えない場合

反響を得た後の追客方法を変える、あるいは、反響の取り方を変える必要がありますね。

手早く変えることが出来るのは、追客方法を変えることです。

つまり、メール追客のやり方を変えること。

そこで私がこれまでに見てきた、追客メールの送り方を具体的な例を交えて3回に分けてブログにアップして行きます。

 

メール
次の記事 → 不動産会社のネット集客から来店につなげる追客メール パターン1

 

>追客にも困っている方へ

ネット集客でいくら反響を集めても、アポイントにつながらなければ売上につながりません。

「なんでネット反響10件に1件しかアポに結びつかないんだ?広告費、もったいないなあ・・・」

そんな悩みをお持ちの方は、ぜひ以下のページをご覧ください。

ネット反響からのアポイント率を2.5倍、成約率2倍にできる実績を持つ業界初のサービスです。

→ 失われた契約を取り戻す『アポジョーズ』

 

>少しずつノウハウを学びたい方へ

メールアドレスを登録するだけで、ブログの更新情報が届きます。

ブログは毎日更新していますので、少しずつノウハウを習得ことができます!

→ブログの購読者登録はこちら http://sonedataro.com/mag_input/

 

電話はこちら