セミナー、飲食代すべて無料で感じた、接客の極意

セミナー、飲食代すべて無料で感じた、接客の極意

 

セミナー代金無料

ランチ無料

飲み物無料

 

なんだか、どこかのいかがわしい宗教団体のセミナーっぽいですが、

こんなセミナーに参加したことありますか?

私は昨日、初めてそんなセミナーに参加してきました。

それがGoogle社のAdWords広告認定講座だったんです。

もちろん宗教法人じゃありません。(笑)

 

朝9時から講義が開始され、夕方に2時間の試験。

一日がかりのセミナーです。

 

そんな一日がかりのセミナーだったんですが、冒頭のとおり、講座・試験代金無料で、ランチ、飲み物が無料。

セミナー料金無料はたまにありますが、ランチ無料、飲み物無料まで突っ込んでいるところは初めてでした。

 

Googleにとってはこれらにかける費用は安いもの。

参加者のうち、数社がAdWords広告運用を開始すればすぐにもとがとれることになります。

 

でも私にとって、これまでセミナーとか勉強会に参加してきて、ここまで無料にしてもらったのは初めてのことでした。

そう、ここで大事なことは、セミナー、勉強会という枠で考えると、こういう体験は初めてだったということです。

 

 

トマトパスタ

 

 

驚き・感動の基準

驚きや感動、というのは自分の期待値を超えたときに初めて感じます。

私のセミナー、勉強会の常識は、

・セミナー、試験はお金がかかるもの

・セミナー、講座での飲食はお金がかかるもの

というものでした。

 

そんな常識を持っている私に対して、Googleは常識を上回るおもてなし、接客をしてくれたんです。

だから驚きましたし、こうやってブログにも書いちゃってます。

 

 

不動産会社が驚き・感動を提供するには?

この、考え方はどんな仕事にも当てはまると思います。

不動産業界にあてはめてみるとどうか。

 

現地見学、来店してきたお客様に対して、飲み物をだしたり、おしぼりを出している不動産会社はたくさんあります。

でもある不動産会社はさらに突っ込んで接客をします。

 

ある物件の内覧を終えたお客様と営業担当。

内覧が終わったところで営業担当が、その物件近くの美味しいイタリアンの店でランチをご馳走する。

そして食事が終わり、食後の飲み物が出たところで一言。

「○○さんがあのお住まいに引っ越ししたときのことを考えて、美味しいお店を是非紹介しておきたいと思いまして」

「でも○○さんのお口に合うかどうかわからないので、もちろん今回はご馳走させていただきます」

そんなおもてなしを受けたお客様。

その不動産会社、営業マンのことをどう感じるでしょうか。

他の不動産会社と比較して、どちらのほうが記憶に残っているでしょうか。

 

 驚き・感動を提供する費用対効果 

仮に1回の食事で3,000円~5,000円の出費が出たとしても、成約率が10%上がって10組に1組が成約する場合、

(仲介の場合)

売上:2,000万×3%= 60万

費用:5,000円×10組= 5万

利益:60万-5万=55万

という計算になり、収支はプラスになります。

 

そして、その取引自体もそうですが、間違いなく口コミにもつながります。

「ねぇねぇ、聞いてよ。この前、家を探しに見に行ったらさ・・・・」

そして紹介につながっていきます。

 

これからは驚き・感動を提供する不動産会社が成功する

不動産業界では、同じ不動産業の中で成功事例を真似るケースが多いですが、それはやっぱり狭い世界です。

他の業界から成功事例を取り入れ、これまでの業界のやり方を打ち破る。

商品そのものでは差別化できなくなっている世の中、接客、おもてなしで差別化していく。

これからのソーシャル時代で成功する秘訣です。

 

電話はこちら