アポジョーズがIT導入補助金対象サービスとして認定されました

アポジョーズがIT導入補助金対象サービスとして認定されました

弊社で提供しているアポジョーズがIT導入補助金の対象サービスとして認定されました。

簡単に言うとアポジョーズの約1年間の利用料金が実質半額になります。

 

なぜこんな補助金があるのか。

政府として企業の生産性を向上させることをひとつの政策として置いています。

大企業はIT化されているケースが多いのですが、日本の企業のうち、99%を占める中小・零細企業はIT化が遅れている場合が多い。

じゃあ、中小・零細企業のIT化を促進しなければ、ということで、中小・零細企業がIT機器、ITサービスを導入する際に支払った金額のうち1/2、最大で50万円まで返済しなくて良い補助金を支給しているのです。

 

ご存知の通り、不動産・注文住宅業界はまだまだ紙文化。デジタル化・IT化が遅れていると言われる業界です。

弊社のアポジョーズに限らず、工務店向けの情報共有ソフトやHP制作でも、IT導入補助金が支給されるので(提供会社がIT導入補助金に認定されていることが必要)何かを始めるには、いい補助金だと思います。

 

ただ、1点問題があります。

それは手続きが面倒であること。

国に対して相当量の申請書類、報告書類を用意しなければいけません。

 

そこでIT導入補助金が利用できるITサービスの会社の中には、書類作成を代行してくれるところもあります。

もしかしたら別費用が発生するかもしれませんが、おそらく支払ってでも依頼したほうが良いかと思います。

それくらい書類作成は面倒です。

この流れでいうと、弊社のアポジョーズを導入いただく時の申請書類、報告書類はすべて代行して作成します。

それがネックで導入されないのであれば、本末転倒ですからね。

 

最後にご注意いただきたいのは、申請書類を提出し、補助OKと認められてから利用開始ができること。

それまで待たないといけないというデメリットがありますが、逆にいうと補助OKが出なかったら導入する必要がありません。

導入したけど補助金が出なかった!ということはないので、その点も活用が進んでいる理由のようです。

 

ただ、申請できる期間に定めがあります。

8月中旬〜10月中旬までに、申請書類を出さなければいけませんので、検討期間についてはご注意ください。

 

詳しくはこちらをご覧になってみてください。

https://www.it-hojo.jp/

電話はこちら