祇園祭直前にみる、事前予約者特典のあり方

祇園祭直前にみる、事前予約者特典のあり方

先週、出張で京都に行ってきました。

四条駅を降りると、なにやら巨大な木製の車が道路に飾られています。

写真を撮っている方に聞いてみると、祇園祭の山鉾でした。

本番前に事前に飾っているそうです。

目線を広げてみると、1台だけでなく離れたところに何台も設置されています。

 

本当は四条駅からもう一駅、地下鉄に乗る予定でしたが、向かう方向に山鉾がいくつか並んでいたので、暑い京都の中、観光がてら一駅歩きました。

1台1台飾りが違い、それぞれにいろんな言い伝えや伝承があるんだろうなと勝手に妄想を膨らませました。

祇園祭はまだ始まらないタイミングでしたが、すでにたくさんの観光客がいました。

 

 

本番前に山鉾を並べて期待度を高める、というのはいいですね。

不動産でいうと、予告広告のようなものでしょうか。

本広告前に期待値を高め、本番時の来場者を増やす。

分譲マンションや分譲戸建では必須の集客手法ですね。

 

山鉾の話に戻すと、いくつかの山鉾ではテントを設置して手ぬぐいやお守りの売店がありました。

その中には、1000円以上購入したら、山鉾に登れる、という特典付きのところがありました。

本番では一般の人は山鉾に乗れないので、事前購入者だけの特典ですね。

この人気が凄かった。

本番はもちろん登れませんし、他の季節では登れる機会はないので、人気になりますよね。

さらに、一度登った山鉾は応援したくなるので、本番でも支援者や応援者が増えるでしょう。

 

不動産業界でも事前予約者特典、なんてものを用意していますね。

中身をみると、家電・家具とか金券のようなものが一般的です。

ちょっとひねって、こうした誰でも手に入るものではなく、限定特典として、例えば、

・事前予約して○月○日までに契約してくれた場合には、好きな植栽を植えることができる。

・事前予約して○月○日までに契約してくれた場合には、外構工事の手伝いができ、オリジナルの壁を描ける。

そんなイベントが用意されると、思い出を大事にしたい家族を中心に、今まで以上に事前予約者も増えそうですが、いかがでしょうか。

 

京都の街を歩いて、勝手な妄想を膨らませていました。

電話はこちら