新規客が減ってしまった!そんなときどうすれば?

新規客が減ってしまった!そんなときどうすれば?

こんにちわ。

追客力のたろうです。

 

自社の財産ってなんでしょうか?

お店、現金、建物、社員などなど。

人によっていろいろな答えが出てくると思います。

 

先日うかがった不動産会社様。

地域でNO1の不動産事業を展開していました。

ただ、最近はポータルサイトの反響も、HPの反響も芳しくない状況で困っているとのこと。

そこで反響を増やさなければいけない、という課題をお持ちでした。

ご存知の方は多いと思いますが、新規のお客様を集めるためには、かなり多くの労力を使います。

既存客で同じ売上を上げる何倍も労力がかかると言われています。

 

そこで、視点を変えて、今の顧客名簿向けにどんなことをしているのか、伺ってみました。

すると、既契約者向けにリフォームの必要性について定期的にアナウンスし、そこからリフォームを受注しようという動きをしているということでした。

その他にはしていないということだったので、2つ提案しました。

既契約者向けにイベントを開催することと、過去問い合わせをくれたお客様に最新の住まいの案内をすることです。

 

ファイル

財産はこんなところに

 

特に2つめの過去問い合わせをしてくれたお客様について。

お客様にもいろいろな段階があります。

まったく自社のことを知らないお客様。

一度問い合わせをしてくれたお客様。

契約してくれたお客様。

などなど。

その中でも一度問い合わせをしてくれたお客様は、意を決して問い合わせをしてくれている方です。

個人情報を渡してもいいと、踏み込んできてくれた方。

そう、いわゆる古反です。

 

その中にはいい物件がなくて、具体的に進まなかった方がいる可能性は十分にあります。(もちろん、全員ではありません!)

そんな方向けに最新の物件を案内し、条件にピッタリの情報を提供することができたら。

素直に案内に繋がるのではないでしょうか。

まだそういったことを実施されていなかったので、まずは取り組みやすいそちらから実施しては、とお伝えしました。

なお、営業現場からすると新規の反響を1ヶ月追客して会えなければ、そのまま放置していることが多い、ということも付け加えておきます。

 

問い合わせが減ると新規客を集めることに目が行きがちです。

でも灯台下暗しで、見込み客は意外と社内のどこかに埋もれていたりします。

みなさんもまずは自社の財産を発掘してみてはいかがでしょうか?

電話はこちら