反響数を増やさずに、アポ率、成約数を2倍にする方法

反響数を増やさずに、アポ率、成約数を2倍にする方法

こんにちわ。

不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。

 

先日、ある工務店様と打ち合わせを行いました。

そこで、びっくりする事実を伺ったんです。

なんと、去年と今年の6ヶ月間で較べて、HPからの反響数は変わらないもののアポが2倍、成約数が2倍に増えたということだったんです。

信じられますか?

その理由を聞いてみたところ、あるシステムの導入によって実現したということだったんです。

 

yajirushi

 

反響数は増えなくても、アポ率、成約率を2倍に押し上げる方法

そのシステムの名前は、商談数UPメール「SUM」。

手前味噌で恐縮ですが、何度かこのブログでもご紹介している私の会社で開発したシステムです。

お客様の心をわしづかみにできる商談数UPメール「SUM」

好みだけでなく、検討段階までも推測できる商談数UPメール

土地なし客の問い合わせ。でも実際には・・・?商談数UPメール「SUM」でわかること

この工務店様だけでなく、このシステムを使うと、どんな不動産会社、建築会社でも目に見えてアポ率、成約率が飛躍的に改善するんです。

その理由は、すぐに導入できる、そして現場の営業マンがすぐに使えるシステムだからです。

ではこのシステムは営業マンに何をしてくれるのか?

それは反響のあったお客様が何を大事にして住まいを探しているのか、その情報を客観的なデータで提供してくれるんです。

 

言葉では嘘をつけるが、行動では嘘をつけない

お客様と商談していると、例えば予算を低めに伝えられたり、あるいは本当に大事にしていることを最後の最後になって伝えられる、ということがあると思います。

それはお客様はやはり不動産業界の営業マンというものを警戒しているからだと思います。

「売りつけられるのではないか・・・」

そんな不安をお客様はお持ちなんだと思います。

その結果、営業マンに対してはじめから心開くはずはなく、真実を言わないため、営業は真のニーズを把握しづらい、という経験があるのではないでしょうか?

しかし、商談数UPメールはこのお客様の心を丸裸にしてしまうのです。

というのは、商談数UPメールはお客様の行動を分析するからです。

言葉では嘘をついても仕草は嘘をつかない。

営業本にそんな言葉があったりすると思います。

それと同じ考えで、商談数UPメールを使うと、お客様が反響を鳴らすまでに、どんなページをどれくらいの時間見ていたのか、というお客様の行動情報を把握することができるのです。

それにより、お客様の真のニーズをファーストコンタクトを取る前から把握することができます。

 

さらっと言いましたが、これってすごいことだと思います。

というのは競合と比較して、半歩、いや1歩進んだところで勝負ができるからです。

営業としては追客が非常にやりやすいはずですよね。

 

嬉しい声をたくさん頂戴している、商談数UPメール「SUM」。

よりよく使えるように改修・開発を重ね、さらにアポ率、成約率をアップできる機能を拡充していこうと思っています。

電話はこちら