戸建業界のマーケティングデータはどう活用できるか?

戸建業界のマーケティングデータはどう活用できるか?

こんにちは。

不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。

先日、戸建業界のマーケティングに精通している方とお話する機会をいただきました。

話をしている中で、戸建のマーケティングデータをどう活用していくか、という話題になりました。

 

Fotolia_10224613_L

営業数字には強い戸建ての人だけど・・・!?

 

語弊があるかもしれませんが、戸建業界はあまりマーケティングが活用されていません。

少なくとも、新築マンションほどはマーケティングをしていません。

理由は、ご存知の通り、

・マンションよりも現場開発にかけられる予算が少ない。そのためマーケティングに予算をかけられない。

・マンションのように1プロジェクトが長期にわたらず、回転が早いため、マーケティングデータの賞味期限が短い。

・価格設定が甘く販売価格が高くても、値引きで対応できる(マンションは戸建ほど値引きできない)

といった理由があるからです。

つまり、供給サイドにはマーケティングデータを取得したい理由がないのです。

 

一方で、需要サイド、つまり購入者にとってはどうでしょうか?

購入者は、人生の買い物。絶対に失敗したくない、という思いが強い。

失敗しないように、できるだけ情報を得ようとするはずです。

例えばある戸建が気に入った購入検討者。

その物件が間違いない買い物なのか調べます。

そして、割高かどうかも知りたいところ。

そうなった時に、適正な金額を示してくれるサイトがあったらきっと利用するはず。

戸建のマーケティングデータは、ユーザーに需要がありそうです。

 

とはいえ、釈迦に説法かもしれませんが、戸建ての金額は、様々な条件によって決まります。

同じ区画でも道路付けで違うし、用途地域が変わるだけで全く変わってくる。

それらをどう変動要因として設定し、一方でユーザーにとってわかりやすいサイトにするか。

それが実現できたら、他に無い非常に面白い情報ですね。

 

あるいは、地元の不動産会社が長年の経験と観で適正金額のデータを提供する。

それだけでも、大手では絶対にできない強力なサービスにもなりそうです。

電話はこちら