*

ポータルサイトから来たユーザーの動線を掴む

公開日: : ホームページ, ポータルサイト, 不動産

こんにちわ。

不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。

 

ホームページを訪れたお客様の導線をパターン分けで研究していきたいと思います。

そこからどのページにどんな情報を提供していくべきか。

その気づきを得ましょう!

 

パターン1 ポータルサイト経由

リンク元(参照元) ポータルサイト

1ページ目 物件詳細ページ

ポータルサイトの物件詳細ページから、直接リンクで物件詳細に飛んできます。

そこで、その物件情報をさらに調べます。

そこで、ポータルサイトよりも情報が沢山掲載されていれば、とりあえずクリア。

次にユーザーが取る行動としては、、、

 

2ページ目 トップページ

ホームページのトップに行きます。

目的は、会社の全体的な雰囲気を感じるためです。

あるいは、どんなことを打ち出しているのかを見ることもあります。

ここで、いかにターゲットとしてるユーザーのニーズに刺さる表現、コンテンツがあるのかが大切になってきます。

 

3ページ目 会社概要ページ

その住まいを取り扱っている会社が、どこにあって、いつから開業しているのか、調べます。

この会社は、大丈夫なのか?という思いをもっているので、やっぱり会社のことを知りたい。

代表挨拶、これまでの歴史、実績等々。

ここで、この会社はちょっと、、、となるともうサヨウナラ。

なんとか、クリアができたとしたら、次に進む箇所は、、、

 

4ページ目 お客様の声ページ

会社が伝えていることは概要とか、挨拶でわかった。

でも、買った人はどう思ってるの?

今度はそんな疑いが出てきます。

そこで見るのが、お客様の声、です。

そこには営業マンも登場している場合があるので、その会社の社員の人柄までわかる。

目に止まれば、ほとんどのユーザーはここは見ます。

 

5ページ目 希望エリアの物件一覧ページ

ここまで来ると、会社のことを信用しはじめます。

次に、この会社が他にどんな物件を取り扱っているか、興味を持ちます。

ポータルに載せてないけど、お宝物件があるんじゃないか。

そんな期待を持って調べます。

ポータルサイトに掲載している以外にも物件が豊富に掲載されているとクリアです。

 

6ページ目 物件詳細ページ

ポータルサイトと同じ情報しか載っていないと、ユーザーはちょっとがっかりします。

わざわざ来たのに、同じ情報しか無い・・・

1ページ目と同じですね。

情報はなるべく沢山掲載しておいたほうがよいです。

そして気に入った物件が見つかれば資料請求します。

 

ポータルサイトからユーザーが流入するパターンの、一例をあげました。

もちろん、トップページに様々な特集などを載せていれば、そのページに飛ぶこともある。

あくまで一つの典型的な動きです。

それぞれのページでユーザーが何を知りたいのか、という気づきを得るためのヒントとしてご利用ください。

関連記事

no image

Facebook広告のこれまでにない新しい運用

とある不動産会社のFacebook広告の運用を任されています。 Facebook広告というのは

記事を読む

花火の場所取りで気づいた、不動産の集客担当にしてほしい3つの気遣い

江戸川花火大会。 家が近くなので、毎年場所取りをしに行っています。 花火は真下で見るのが

記事を読む

マーケティングオートメーション(MA)は住宅・不動産業界で活用できるのか 1

こんにちわ。 追客力のたろうです。   今日はある、注文・住宅会社に伺っ

記事を読む

HPのリニューアル。連絡ミスで発生する3つの影響

あけましておめでとうございます。 追客力のたろうです。 本年も宜しくお願い致します。

記事を読む

no image

WordPressで初投稿!

WordPressをインストールし、ブログからFacebook連携することに成功!! 長く苦労

記事を読む

苦しいときこそ自分にできることを

こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。   先日、あ

記事を読む

コミュニティを大切にする不動産会社のイベントに参加してきました

こんにちわ。たろうです。 コミュニティを大切にしている会社、ポラスグループの主催する「ポラス祭

記事を読む

検索順位のアルゴリズムが大きく変わります

こんにちわ。 追客力の太郎です。   10/13にGoogleが発表した

記事を読む

kuramotoso

これは聞いてよかった、倉本聰氏の講演 スピーチは「構成」と「表現力」で決まる!

  こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。 今日は、

記事を読む

HPの集客・問い合わせを増やすアクセス解析  5.エントリーフォーム分析

  前回は、コンテンツ分析について説明しました。 (前回の記事はこちら → H

記事を読む

Comment

  1. 木本 昇 より:

    とにかく集客で困っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AIにラポールは築けるのか?営業の未来

こんにちわ。 追客力のたろうです。   先

キャンペーンで反響したお客様とアポが取れた成功事例

こんにちわ、追客力の太郎です。 先日弊社のアポジョーズを利用して

売り集客こそ大手に対抗した作り込みが重要

こんにちわ。 追客力のたろうです。 更新が止まってしまって

初の展示会に出展して気づいたこと

こんにちわ。 追客力のたろうです。 先週、産業交流展201

自転車通勤を始めました

こんにちわ。 追客力のたろうです。   お

→もっと見る

PAGE TOP ↑