本当にSEO対策なの?ホームページで結果を出すために必要なステップ

NO IMAGE

先日、とある不動産会社から相談がありました。

SEOの順位が下がったので、SEO対策をしたいとのことでした。

せっかくなので、GoogleAnalyticsのユーザー権限をもらって現状の状況もレポートすることになりました。

結果は、SEOも確かに課題はありますが、ホームページにより大きな課題があることがわかりました。

 

ここで自分のためにも改めて整理しておこうと思っています。

ホームページで成果を出すことは、コンビニでモノを売るのと同じ考え方です。

コンビニでは

1.どれだけ来店してもらうか(チラシ、看板)

2.来店した後、どうやって商品を魅力的に見せてカゴの中に入れてもらうか(動線、陳列、POP、照明、)

3.いかにスムーズにレジを終えるか(レジ、店員の配置数)

こんな観点で店づくりがされると思います。

 

不動産のホームページの場合は

1.どれだけホームページに来てもらうか(リスティング、SEO等)

2.ホームページに訪れてくれた人にどうやって不動産を気に入ってもらうか(LPO、コンテンツ、動線設計等)

3.気に入ってもらった不動産への問い合わせをいかにスムーズに行えるか(EFO)

この過程を経て不動産への問い合わせが行われます。

(実際に売り上げになるのは現地に行ってからになるので、そのあたりはコンビニとは違いますけどね。)

 

ホームページに課題があるのにSEOやリスティング等、集客だけに力を入れても、穴の開いたバケツで水をすくうのと同じで、なかなか問い合わせは増えません。

 

 

広告会社は自社の業績を上げるためにリスティングを提案します。

制作・開発会社は自社の業績を上げるためにページの制作等を提案してきます。

それが果たしてホームページからの問い合わせを増やす最大の課題なのか。

WEBマーケティングに責任を持つ方はその全体感を常に把握しておきたいですね。

電話はこちら