え、休眠リストからそんなに反響が? ユーザーを熱くするメールの書き方4 本文書き出し

え、休眠リストからそんなに反響が? ユーザーを熱くするメールの書き方4 本文書き出し

こんにちは。

不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。

 

連載中の休眠リストの掘り起こしシリーズの第4弾。

今回は本文の書き出しです。

第1弾、第2弾、第3弾はコチラ。

え、休眠リストからそんなに反響が? ユーザーを熱くするメールの書き方1

え、休眠リストからそんなに反響が? ユーザーを熱くするメールの書き方2 差出人名

え、休眠リストからそんなに反響が? ユーザーを熱くするメールの書き方3 タイトル

こちらもおまけに

メルマガ代行の成功事例 ー返信数0件から2桁まで急増し、契約までつながったケースー

 

本文書き出しとは?

書き出し、というとメール本文の1行〜2行というイメージですが、ここで言う書き出しはちょっと違います。

メールを開いたときにスクロールしない状態で表示される本文全てを言います。

というとちょっと曖昧なので、だいたい本文の5行〜7行くらいです。

その5行〜7行が何故大切なのか。

あなたもタイトルを見てメールをクリックしてもらったものの、開いた瞬間に売り込みばかりで嫌になった経験ありませんか?

そう感じた瞬間に、メールを閉じてしまう。

私は10本のメルマガを受け取ったら8本はそんな感じで閉じてしまいます。

あなたの送るメールもこんなことになったら悲しいですよね。

だから書き出しでお客様の気持ちを掴むことが大切なんです。

 

いきなり営業トークだと嫌われる

では書き出しはどんなことを書けばいいのか。

出だしはメールの作法通りいきましょう。

お客様名と、自己紹介。

ここで大切なのは自己紹介はできるだけ短くすること。

この時点ではまだお客様はあなたに興味を持っていないからです。

さらっといきましょう。「◯◯会社の▲▲です」くらいでいいかもしれないです。

 

もしかして壷を売りつけられるんじゃ・・・

では次には何を書く?

物件の情報を書きたいところですが、まだ早い!

しばらく連絡をとっていなかった、もしかしたら顔さえ忘れてしまっている営業からメールを受け取っているわけです。

お客様の頭の中は「なんでメール送ってくるの?」という警戒心バリバリの状態です。

「壷でも売りつけられるのかしら・・・」と思うお客様もいるかもしれません。

 

tsubo

この壷で水を飲めばあなたの前世からの縁を・・・

 

そんなお客様が知りたいのはなんでしょうか?

人生が幸運であふれる純金の七福神像(販売元確認)でしょうか?

ここは素直に、今回メールを送ることにした、経緯・その理由です。

ここが抜けてしまうと、お客様は警戒心を持ったまま読み進めることになります。

さらに言うと、この経緯、理由の説明でお客様への特別感を演出したい。

・決済直前にキャンセル

・新たにマンションの売却相談をいただいて、公開する前

などなど。

過去にせっかく会員登録や資料請求をしてくれたので、送りましたという理由付け。

このお客様への気遣いがあるかないかで、読み進めてもらえるかどうかの分かれ目になります。

 

やっと聞く耳を持ってくれる

ここまでくれば、お客様は警戒心を解いてくれているはず。

いよいよメールの本文で物件を紹介するときです。

それについては次回の記事でご紹介します。

 

次の記事はコチラ → え、休眠リストからそんなに反響が? ユーザーを熱くするメールの書き方5 本文

 

 

>すぐに集客ノウハウが欲しい方へ

なんと、0円でネット集客に役立つノウハウ資料がダウンロード可能!

たとえばこんな資料が置いてあります。『ホームページの反響を増やし続ける5つのノウハウ』

この機会をお見逃しなく!

→無料PDF資料ダウンロードはこちら http://sonedataro.com/documents/

 

>少しずつノウハウを学びたい方へ

メールアドレスを登録するだけで、ブログの更新情報が届きます。

ブログは毎日更新していますので、少しずつノウハウを習得ことができます!

→ブログの購読者登録はこちら http://sonedataro.com/mag_input/

 

電話はこちら