リピートする通販、リピートしない不動産 

リピートする通販、リピートしない不動産 

こんにちわ。

不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。

今日は縁あって通販ビジネスのセミナーに参加しました。
ネットで通販というのはもちろん多いです。

が、今回の話は紙媒体を中心とした成功例を聞くことができました。

 

通販のビジネスは大きく二つに分かれるとのことでした。

一つはカタログ的な通販。

商品数を沢山集めて、その中から顧客に選んでもらうための通販。

百貨店的な位置づけですね。

競合との差別化が難しくなり、あとは体力があるところが勝つということです。
一方で、もう一つの通販ビジネスは、単品の通販。

商品数は1つあるいは少数で、1つの賞品をとにかく魅力的に見せて販売するための通販です。

セレクトショップ的な位置づけですね。

オンリーワンの商品を扱うので、差別化がしやすいそうです。
どちらがいい、悪いということはありません。

ですが、今からビジネスを始める場合は後者の単品通販型が成功しやすいということでした。

理由は、競争されにくいので価格勝負にならず体力勝負にならないから、ということでした。

 

通販

 実は通販生活の冊子、定期的に送ってもらってます・・・

 

この話を聞いたとき、不動産のネット集客と同じことが言えるなと感じました。
カタログ的な通販というのは、まさにポータルサイトがやっていること。

物件数で訴求して、好きなものから選んでもらう。

これは本当に体力勝負になっています。

単品の通販というのは、独自カラーを出している不動産会社。

たとえば、ファイナンシャルプランができることを売りにしている不動産会社。

他の不動産会社と差別化されていて、オンリーワンになり得るビジネスの仕方です。
ECサイトや通販のビジネスはリピートが前提だけれども、不動産はリピートしないので、あまり参考にならない。

そんな理由で今まで通販というはほとんど関心を払ってきませんでした。

ですが、不動産ネット集客との共通があることがわかりました。

リピートしないという違いはあるものの、通販ビジネスの手法も勉強して不動産のネット集客に取り入れていこうと思いました。

電話はこちら