売り物件が増えているのに、委任を獲得できない!?

売り物件が増えているのに、委任を獲得できない!?

オリンピックを控え、かなり不動産価格が上がっています。

それを見越した沿岸部のマンションに住んでいる方々が住戸を売りに出し始めていますね。

マンションによっては数十戸が売りに出されているという話も聞きます。

買いたい人にとってはさまざまな住戸を見比べられるので、便利かもしれませね。

売主からすると激しい競争になっています。

 

先物だけ取り扱う不動産会社にとっては厳しい時代になってきています。

情報が溢れ、ポータルサイトを見れば、すでに他の会社が掲載しているからですね。

これまでは見せ方で勝負(写真を綺麗に掲載、キャッチコピーやテキストをきちんと入力する)できるところもありましたが、昨今は皆さんのレベルが上がってきているようで、差がなくなりつつあります。

そういう意味でも、先物だけ取り扱う不動産会社にとってはかなり厳しい時代になってきています。

そのため、多くの不動産会社が売主から委任を獲得しようとしています。

が、なかなか思う通り行かないところが多い。

委任の獲得は、大手不動産会社か、昔から地場で管理なども行なっている不動産会社が多いようですね。

一括査定サイトなどから査定依頼をもらえますが、残念ながら歩留まりは低いようです。

 

さて、なぜ委任の獲得が大手や昔からの地場の会社に偏るのでしょうか?

この2社に共通するキーワードは「安心」です。

多くの売主からすれば、不動産は自分が持つ資産のうち、一番高額な資産。

そんな大切な資産の売却をどの会社に任せるか?と考えたとき、絶対に失敗はできません。

また、ご近所に迷惑をかけるわけにもいかない。

そして、大手であれば安心、長年地元でやっているから安心、という思考に行き着くのでしょう。

※売る理由は様々なので、そうでないケースもあります

 

大手でもないし、地場で長年やっているわけでもない。

そんな不動産会社はどうしたいいのでしょうか?

一つの方法は一括査定サイトからの査定依頼について、徹底的に研究することです。

歩留まりが悪いと言われる一括査定サイトですが、査定依頼の3ヶ月後にレインズに物件情報が出ているのを見たことがありますよね?

薄いと言われている一括査定サイトから委任を獲得している不動産会社がいるのです。

それを目指して研究し続けることです。

 

紙媒体(DM、折り込みチラシ、ポスティング)についてはすでに皆様がやられていることと思いますので、ここでは割愛いたします。

 

中長期的にやらなければいけないことがあります。

そしては自社の信用力や知名度をアップさせることです。

お客様が委任先を選ぶキーワードは「安心」「信頼」。

当社に任せれば安心だ、というイメージを接触前から持ってもらえると、委任を獲得しやすいのはお分りいただけると思います。

具体的には地域のお祭り、イベントに参加・協賛したり、ブランド広告を駅前などに出したり、店舗を増やしたりと露出を増やす。

さらには、店舗周辺の掃除はもちろん、他にも地域の活動に参加する、などなど。

すぐに効果は現れませんが、底堅く委任を獲得したい場合には必須になってきますね。

電話はこちら