美術館の入り口・・・?

先日、展示会で名刺交換させていただいた、住宅会社の方とお会いする約束で住宅ショールームに伺いました。 ところが到着したら戸惑ってしまった。 入り口がおかしい。 どんな入り口かというと、まるで美術館・博物館のようなアプローチの入り口。 よく見ると小さな広告が1枚貼り出されている。 見てみるとある芸術大学の卒業作品を展示中と記載されています。 ??? 場所を間違えたかな?と思い、改めて住所と地図を確認 […]

現場に根付いてこそのシステムだど、改めて気づいた勉強会

先日、ある勉強会に参加しました。 その勉強会はいろんな業種の方が集まって成功事例を共有し、お互いのビジネスを成功させようとしている人たちが集まるものです。   健康食品、リース、飲食、加工業など様々な業種の人が思い思いに発表し、私も発表をしました。 その中で一つ驚かれたのが弊社サービスの解約率の低さでした。 弊社は追客支援ツールを提供しています。一般的にはITツールと呼ばれています。 I […]

セミナーの準備中です

  • 2018.06.05

今週、ある企業様でセミナー講師をやらせていただく予定です。 仕事でセミナーを開催することは何度かありますが、ネット担当者や営業企画の方々向けがほとんどです。 ただ、今回は少々趣きが異なり、複数の会社の戸建の企画・開発の責任者の方々向け。 その方々に最新のネット活用事情をお話しする予定です。   企画・開発の責任者の方々が普段、何を考え、何に興味を持っているのか。 私自身は直接そういった方 […]

制作会社とエンジニアの需給ギャップから見えた、制作会社の選び方

最近、HP制作会社の人やエンジニアの方と会うことがあったのですが、その内容が両極端でした。 HP制作会社の方と話すと、制作の話があればぜひお話をください、と言われます。 エンジニアの方と話すと、3ヶ月先まで受けられません、と言われます。 どうして同じWEB業界でこうも違うことが言われるのでしょうか。 私なりに現場を考察してみました。   HP制作会社とエンジニアの違い WEB業界に詳しく […]

集客全般は好調なのにリスティングの反響が少ない理由は?

  • 2018.05.31

先日ある工務店の担当者と打ち合わせをしたときのことです。 5月のHP経由の反響が過去最高ということでした。 例年、5月は落ち込むものの、4月よりも多かったということでした。 ただ、ちょっとおかしいところがあったそうです。 それはリスティングの反響数だけが減っているということだったのです。   それはちょっとおかしい、と広告代理店が作ったレポートを拝見させてもらうと、確かに反響数は少ない。 […]

住宅ビジネスフェア2018に出展いたしました

5月24、25日に開催された住宅ビジネスフェアに出展いたしました。 2日間、東京ビッグサイトで開催され、多くの方に訪れていただきました。 私どもは追客支援システム「アポジョーズ」というサービスで出展いたしました。 ブースにお越しいただいた方、誠にありがとうございました。   「アポジョーズ」のような追客支援システムは珍しかったようで、ご参加いただいた方だけでなく、出展者の方々にも興味を持 […]

高機能すぎて使いきれないMA

先日、都内のある不動産会社さんに伺ったときのこと。 弊社の追客支援システムをご紹介するためです。 話を伺うと、すでに国内系のマーケティング・オートメーションを利用されているということでした。 それではそれで十分なのでは?と思っていたのですが、案の定、使いきれていないということでした。   WEB担当が活用するにはシナリオ設計からコンテンツ作成から、様々なことを準備しなければいけない。 営 […]

いよいよアポジョーズに似たサービスを見聞きするように

最近、弊社のアポジョーズに似たサービスが出てきているようで、さまざまなところで見聞きします。 待ち焦がれていたことでした。 喜ばしいことです。   認知度が高まる 3年以上前から提供している弊社は、当時は非常に孤独でした。 電話などでサービスの内容を伝えてもGoogleアナリティクスのような解析サービスと間違えられていました。 今だから言えますが、とても寂しかったんです。 しかし、今は弊 […]

WEB資料請求の歩留まりをアップさせる、もう一つの方法

前回、WEB資料請求の歩留まりを高める方法として、来場予約・来店予約までは反響営業・インナーセールスの組織が対応し、その後営業に対応してもらうことをご紹介しました。 もう一つ方法がありますのでご紹介いたします。   築き上げた信頼・ラポールが断絶されてしまわないように WEBの資料請求から来場予約・来店予約まで反響営業・インナーセールスの担当者が行い、それ以降は展示場・現場の営業が担当す […]

WEB資料請求の歩留まりを高めるには、営業にWEB資料請求を渡さない

営業が会えるお客様を大切にするのであれば 前回、多くの営業担当はまだニーズがよくわからないWEBの資料請求者よりも、会うことができるお客様のほうを優先する、とお伝えしました。 そこで解決方法の一つとして、お客様と会えるまで営業に反響情報を渡さない、という方法をご紹介します。   反響情報を営業に渡さなければ、誰が対応するのか? WEBで資料請求したお客様について、営業の優先順位が低いのは […]

1 4 47
電話はこちら