*

素人だからこそできる改革

公開日: : 未分類

こんにちわ。

追客力のたろうです。

 

昨日は、銀座テーラーの3代目の鰐淵社長の講演を聞きに行きました。

1代目が築いた事業を、息子の2代目が散財して、2代目の奥様である現社長が事業を立て直した、というお話です。

それまではずっと専業主婦だったそうで、服のことなどさっぱり知らなかったそうです。

 

ginza_taler

スーツのオーダーが30万円〜の高級品

 

そんな素人の社長が行ったことは、

・店舗の閉鎖、従業員の退職を含めたリストラ

・商品ラインナップの拡充(最高級品だけでなく、求めやすいものをそろえる)

・露出の拡大(メディア露出、ホームページの整備)

・銀座テーラーの人的ネットワークを活かしたビジネスのマッチング

他にも様々なことを実施して、事業を回復させたそうです。

 

 

3代目鰐淵社長が行ったことを聞いて感じたこと。

それは素人だから当たり前のことを当たり前のようにできたんだろうということです。

素人だからというと語弊がありますが、きちんとビジネス感覚をもった素人です。

3代目の鰐淵社長はその感覚をもち、かつ強い意志があったからこそやるべきことを次々に実施していけたんだと思います。

 

長く組織内につかっていると、世間ではおかしなことが当たり前になっていたり、気づくべきものに気づかないことがあります。

たとえば、不動産でいうと、情報の伝達はまだまだ紙文化ですが、そんなのは不動産業界くらいなもの。

ほとんどはデジタルで情報のやりとりをしていいます。

また、不動産では両手取引というのがありますが、それは法律で言えば、裁判の原告と被告の弁護士が一緒のようなもの。

一方の利益を最大化するということはできませんよね?

でも不動産ではそれがまかり通っています。

 

追客もおそらく、不動産業界以外の人からすれば非常識なことがたくさんあると思います。

たとえば、住まいという高い買い物に対して、問い合わせをしたお客様に電話攻撃をしかける。

普通なら丁重にもてなす、という視点が当たり前ではないでしょうか。

例えるなら、ホテル以上のサービスでもてなすことが本来であれば求められると思います。

ぜひ、リッツ・カールトンや加賀屋の支配人に、不動産の追客をやってみてもらいたいと思いました。

関連記事

大和ハウス工業の樋口会長の講演に参加しました

こんにちわ。 追客力のタロウです。   先日、大和ハウス工業の樋口会長の

記事を読む

営業にとっての武器と防具 -重荷になっていませんか?-

こんにちわ。 追客力のたろうです。   先日、ある住宅会社の営業の方と打

記事を読む

年末の挨拶を追客に結びつける方法

こんにちわ。 追客力のたろうです。   もう年末ですね。 会社によ

記事を読む

no image

総武線にあって、小田急線にはない4つのこと

小田急線。 学生時代に何気なく乗ってたりしましたが、社会人になって久しぶりに乗りました。

記事を読む

リスティング広告の広告文、変えてますか?

こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。   今回は、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初の展示会に出展して気づいたこと

こんにちわ。 追客力のたろうです。 先週、産業交流展201

自転車通勤を始めました

こんにちわ。 追客力のたろうです。   お

ユーザーの経験・習慣から情報を設計する

こんにちわ。 追客力のたろうです。   先

人生の3大支出、不動産、車、保険にまつわる営業は、、、

こんにちわ。 追客力のたろうです。   先

地元のお祭りで感じた、見せ方の大切さ

こんにちわ。 追客力のたろうです。   3

→もっと見る

PAGE TOP ↑