*

展示場集客とネット集客の話 ー個別最適と全体最適ー

こんにちわ。

追客力のたろうです。

 

先日、弊社のクライアントであるハウスメーカーの担当の方と打ち合わせを行いました。

その中であったのが、展示場集客とネット集客での無駄の発生ということでした。

 

近年、展示場集客の減少が著しく、その代わりに台頭してる集客がネット集客というのはご存知のとおりです。

そこでその会社様は先進的な取り組みを行っており、

・展示場への集客と営業の組織

・ネット集客と営業の組織

と分けている、ということでした。

個人的にも、営業組織は分けたほうがよいという持論を持っており、理想の形ではないかと思っています。

しかし、ここでひとつ困ったことがあるそうです。

ネット集客と営業の組織がお金をかけて集客をした結果、人員容量を超えて反響が来てしまい、1件1件の反響に対して100%の対応ができていない、ということです。

 

嬉しい悲鳴ですね。

 

ただ、組織全体で考えると、かなりの無駄が発生しているのも事実。

せっかくお金を使っているのに対応しきれていないのはもったいない。

無駄を発生させないためには、例えばネット集客の反響の中でも来場予約だけは展示場営業に対応をお願いする。

そして、資料請求のみ、ネット集客・営業組織が行う、という住み分けも可能です。

 

%e5%88%86%e5%8e%9a%e3%81%84%e8%b3%87%e6%96%99

資料請求の反響はたんまりあるけれど・・・

そんな会社は多いのでは?

 

営業担当としては来場予約と資料請求があれば、当然来場予約のお客様を優先して対応します。

すぐに契約に結びつきますからね。

ですから、資料請求したお客様への対応はどうしてもなおざりになります。

考え方を変えて、ネット集客で何が一番大変かいうと、資料請求反響をいかに来場に結びつけるか、です。考え方を変えて、ネット集客で何が一番大変かいうと、資料請求反響をいかに来場に結びつけるか、です。

そのため、もし資料請求からも来場予約を取り付けたいのであれば、資料請求の反響に対して集中的にトライ&エラーを繰り返して、ノウハウをためていかないと、なかなか来場予約に結びつきません。

組織としてはそのように住み分けをしたほうが全体のパフォーマンスは上がるはずです。

 

営業現場の声と、組織全体の声が同じになるのが理想ですが、どうしてもそうならないところも出てきます。

全体最適を考えてネット部門が対応する反響というのを検討していただきたいですね。

関連記事

物件数?情報の質?どちらにこだわるべき?

こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。   今日はホ

記事を読む

閲覧履歴でわかる遠慮深いお客様

こんにちわ。 追客力のたろうです。   昨日、弊社のアポジョーズを使って

記事を読む

リスティング広告は、自然検索を喰っているだけ? ーブランドキーワードに潜む罠ー

こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。   今日はと

記事を読む

順調な時こそ、逆境の準備を

突然の発熱。 その後、無理して仕事をするも、翌日はダウン。 布団の中で反省します。

記事を読む

新規客が減ってしまった!そんなときどうすれば?

こんにちわ。 追客力のたろうです。   自社の財産ってなんでしょうか?

記事を読む

業界特化している業者と付き合うメリット・デメリット

こんにちわ。 追客力のたろうです。   さて、今回は弊社の特徴でもある、

記事を読む

反響数を増やさずに、アポ率、成約数を2倍にする方法

こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。   先日、あ

記事を読む

ビジネスマン

あなたの会社の会員登録のメリットは何ですか?

  こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。 &nbs

記事を読む

検索順位のアルゴリズムが大きく変わります

こんにちわ。 追客力の太郎です。   10/13にGoogleが発表した

記事を読む

セミナーで登壇することの8つのメリット 緊張の先にあるもの

こんにちわ。 不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。   本日、ネ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初の展示会に出展して気づいたこと

こんにちわ。 追客力のたろうです。 先週、産業交流展201

自転車通勤を始めました

こんにちわ。 追客力のたろうです。   お

ユーザーの経験・習慣から情報を設計する

こんにちわ。 追客力のたろうです。   先

人生の3大支出、不動産、車、保険にまつわる営業は、、、

こんにちわ。 追客力のたろうです。   先

地元のお祭りで感じた、見せ方の大切さ

こんにちわ。 追客力のたろうです。   3

→もっと見る

PAGE TOP ↑