GoogleAdWordsの今後の方向性:シーンから人へ Google Partners Community & AdWords Communityに参加して

GoogleAdWordsの今後の方向性:シーンから人へ Google Partners Community & AdWords Communityに参加して

こんにちわ。

不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。

 

昨日、Google Partners Community & AdWords Community イベントに参加しました。

 

DSCN2398[1] (1)

華やかなイベント!

 

Googleがパートナーである代理店を集め、GoogleAdWordsの今後の方針を伝える場。

今までは超大手代理店とだけ親密にやっていた姿勢とは、一線を画したイベントです。

なかなか趣向がこらされていて楽しかった。(Googleチョコがあったり)

 

さて、イベントの中で、これは皆さんにも伝えたほうがよいだろう、というものを2つご紹介します。

 

1 シーンへの広告配信から、人間への広告配信

これまではキーワード検索時、サイト訪問時、といったシーン毎に広告配信をする仕組みを、人をベースにした広告配信へ進化させて行く。

たとえば、自社のバナー広告がやたらめったら反響が鳴るなあと思うことがあるとき。

それは最後に見た広告がバナー広告なだけであって、実際はその前に検索で貴社のサイトに訪れている可能性が高い。

そういった間接効果を計測し、さらに比重をどのようにかけて判断するのか、その仕組みを提供してくということです。

今すでに、「アトリビューション分析」という機能がありますが、それがさらに進化していくイメージでしょうか。

 

2 デバイスをまたいだユーザー行動の把握

通勤中にスマホで物件検索し、気になった物件を家のPCでじっくりと見る。そして資料請求。

こんな行動をする人は間違いなくいますよね。

ただ、リスティング広告では、このような動きがあった場合、PCで資料請求があった、としかカウントされません。

スマホとPCとでブラウザが違うので、別物として扱われていたんですね。

ですが、これを1つの人の動きとして把握できるようにしようというのが、Googleの今後の方針。

具体的には、例えば会員登録機能を使っていれば、会員IDとGoogleAdWordsをひもづけることで、デバイス間の動きもわかるようになります。

(スマホとPCの両方で同じ会員機能を利用している場合ですね)

これにより、PCしか効果が出ないと思われていたリスティング広告が、実はスマホからのスタートがほとんどだった、というようなこともわかるようになります。

 

Googleの収益源の大きな柱であるリスティング広告。

今後も拡大していくはずです。

最新情報は常にチェックして行き、お客様にお届けしていこうと思います。

電話はこちら