苦しいときこそ自分にできることを

苦しいときこそ自分にできることを

こんにちわ。

不動産ネット集客コンサルタントのたろうです。

 

先日、あるクライアントの社長とお会いしました。

弊社が最近、クライアントのホームページを制作し、その集客をリスティング運用でお手伝いしています。

なかなか反響が出ずに苦戦をしていました。

リスティングで大きな不足があるのか分析をしてみましたが、継続的に送客できていることがわかりました。

そうすると何がボトルネックなのか、GoogleAnalyticsでホームページを解析したところ、ホームページを訪れた人の

・一人当たり平均ページ閲覧数が少ない

・一人当たり平均滞在時間が短い

ということがわかりました。

 

そこで、早速ホームページを見たところ、

・ホームページに掲載されている物件数が少ない。

・写真の撮り方はOKだけれど、キャッチコピーやコメントなどが刺さるような文になっていない。

ということがわかったので、早速、打ち合わせの際に社長に伝えました。

特に後者のキャッチコピー、コメントは勝手に2〜3件分赤入れをして見せました。

 

koreda

これだ!!

 

きっとすぐに社員にフィードバックしていただけるだろうと思っていましたが、全く逆の反応が返って来たんです。

社長曰く、

「そねださんの言うことは正しいかもしれない。でも今の苦戦している状況で営業マンには伝えられない。

何故なら頑張っているのに結果が出ていないのに、さらに頑張れ!とは言えない

彼等に聞いてもらうためには、やっぱり結果を出すことがまず第一。

そのためにまずは反響が出るよう、そねださんができることを頑張ってほしい

 

なるほど、と思いました。

営業の方に物件を登録いただいているので、彼等のやる気なくしてはサイト運営はうまくいきません。

彼等のモチベーションを考えると、確かにそうだなと思いました。

水飲み場に牛を連れてくることはできても、飲ませることはできません。

コメントの書き方はどんなに私が言おうと、営業の方にその気になってもらわないといけない。

 

私にできることは、あくまで、集客とサイトのデザイン・機能の変更だけです。

そのときのためにも、集客とホームページ制作側でできることをを1つずつ進めていこうと思いました。

きっと社長から何かしらの形で伝えてくれていることを信じつつ…

反響を出すためには、それぞれができることを最大限努力することが大切ですね。

電話はこちら